薬膳師が教える!コンビニで買える「冷えとりランチ」3つ

薬膳師が教える!コンビニで買える「冷えとりランチ」3つ

寒い冬、多くの女性の悩みである“冷え性”は、肌のくすみ、むくみ、セルライト、太りやすいなど、正に美の大敵。“温活”は冬の美容対策のひとつです。

でも、重ね履きをしたり、お風呂にしっかり浸かったりしても、なかなか温まらない……という人は、内側からの温活も必要かも。

温かい物を摂るようにするだけでなく、体を温める働きがある食べ物を選ぶことは、冷え対策に有効です。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が、コンビニで買える「冷え性を解消するランチ」をご紹介したいと思います。

 

■カレー

スパイスがふんだんに使われたカレーは、冷えとりランチにピッタリ。ターメリックをはじめ、それぞれのスパイスが薬膳効果を持ち、気血を巡らせる働きがあります。

また、付け合せによく使われるラッキョウも、体を温める効果があり、気分が滅入っている時にもおススメの食材です。

ただし、オフィスで食べる時はニオイに気をつけてくださいね。

 

■根菜の煮物

冬が旬の食材には体を温める働きを持つものが多く、中でも里芋、さつまいも、かぼちゃ、れんこんなどの根菜類がオススメです。

根菜類には胃腸の働きを助けるものも多く、年末年始でお疲れ気味の胃腸にも◎ 食物繊維も豊富で、女性に多い便秘対策にもなります。

少しずつ摂れる煮物は、ランチに是非とも加えたいメニューのひとつです。

 

■エビチリ

体を温めてスタミナをつけ、特に足腰の冷えに効果的なのがエビ。体を温める作用が強い食材です。また、アンチエイジング全般に関係する“腎”を強くする力もあり、実は男性の精力UPにも良い、滋養強壮食材!

辛い食べ物にも体を温める力があり、エビチリは正に最強の組み合わせ。体が冷えている日におススメですよ。

 

冷えが気になる人は、体を冷やす生野菜は避けて温野菜を選ぶと◎ 赤や黒い色をした食材は体を温める食材が多いので、白米より雑穀米や赤飯を選ぶなど、ちょっとした選択の積み重ねが温活に有効です。参考にしてくださいね。

【画像】

※  brickrena/shutterstock

【関連記事】

※ ダイエット中でも大丈夫!「コンビニランチ」の痩せる選び方

※ 美人はポカポカ温かい♡「内臓冷え」を防いでキレイに近づく方法4選

※ コンビニで買える!二日酔いに効果がある意外な食べもの4つ

※ 現代OLは栄養不足!?管理栄養士が教えるコンビニ食3選

※ コンビニで買える!バストアップに効果的なおやつ4選