女らしさの代名詞。最旬「赤リップメイク」をマスターせよ

女らしさの代名詞ともいえる赤リップ。挑戦してみたいけど難しそう、自分にはまだ早い……なんて、躊躇している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、初心者さんでも簡単♡ 派手になりすぎない赤リップメイクのコツをご紹介します!

 

■意外と知らない!? 赤リップのNG例

女らしさの代名詞。最旬「赤リップメイク」をマスターせよ

初心者さんがやりがちなのは、赤リップとあわせる洋服のコーディネート。いくら流行っているからとはいえ、いつでもどこでも赤リップを塗ればいいってもんじゃありません。

赤リップで絶対NGなのは「頑張ってる感」が出てしまうことです。

例えばドレッシーなコーディネートに赤リップを合わせると……全身気合い入りすぎな、抜け感&今っぽさゼロの印象に。

同様の理由で、きっちりセットした巻き髪と合わせるのも×

そしてもうひとつ。赤リップの上にグロスを重ねるのはNGですよ!

そうでなくても主張の強い赤リップ。上からグロスを重ねてツヤ感を出してしまうと、品がなく見えてしまいます。

セクシーすぎて、男性も近寄りがたいかも……。

 

■これが決定版!最旬赤リップメイク

今ドキ顔を作るなら、マストなのはマットな質感の赤リップ。カラーは少し深めのボルドーがおすすめです。

リップを直接くちびるに、リップラインは取らずにラフに塗っていきましょう。

女らしさの代名詞。最旬「赤リップメイク」をマスターせよ

眉毛は太眉、アイメイクやチークは薄めのカラーレスメイクで、赤リップの存在を際立たせるのがポイントです。

ヘアは無造作で少しウェット感のあるスタイル。アイロンを使いざっくりと巻いたら、ワックスを毛束をほぐすようにもみ込んでいきましょう。外国の女の子の、寝癖っぽい無造作ヘアがお手本♡

女らしさの代名詞。最旬「赤リップメイク」をマスターせよ

ファッションはメンズライクなMA-1などのアイテムを合わせ、抜け感のある色気を出しましょう。

 

赤リップはとことんカジュアルと色気を7:3くらいの割合で仕上げるのが、初心者さんでも取り入れやすく、お洒落に見えます。

厚着になるにつれ、色気も半減してしまう今の季節だからこそ、赤リップは女度をアップさせるとっておきのアイテム。ポイントをおさえて、ぜひ挑戦してみてくださいね♡

【画像】

(c)Nosh

【関連記事】

※ そのメイクで大丈夫?本当に似合う「美人チーク」のススメ♡

※ エフォートレスな自分らしさを演出♡「バーバリー メイクアップ」の新色をチェック

※ 旬顔に格上げ。アラサー女子の冬デートは「艶メイク」で色っぽく♡

※ セルフで簡単♡スタイリスト直伝「アップスタイル」ヘアアレンジ

※ セルフで簡単♡スタイリスト直伝「華やかハーフアップ」ヘアアレンジ