グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

歴史ある美しい街並み、ファッションにグルメ……。ヨーロッパは女子旅には大人気! すでに一度渡航したことがある、という人もNosh世代なら多いのでは?

“2度目のヨーロッパ”を愉しむのなら、現地の人がオススメするような“通なスポット”も行ってみたいですよね。

今回Noshでは、ヨーロッパの各地で活躍している、その土地の「イマ」を知る女性にオススメスポットを紹介してもらいました。

この旅に参加したのはNoshGIRLsの奥山絵里奈(姉)と夏織(妹)の姉妹。旅行経験も多く、ヨーロッパも数回目。そんな2人でローマに行ってきました!

 

■「カタール航空」でローマへ!

グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

出典:カタール航空

五つ星エアラインに認定されている『カタール航空』は、羽田と成田からの出発が夜行便となるので、仕事が終わった後にそのまま海外へ出発することができて便利なんです。働く女性に人気があるのも頷けます。

さて、私たちは羽田空港から出発!

座席にはアメニティーキットが用意されていて、アイマスク、耳栓、靴下、そしてなんと歯ブラシセットが! この行き届いた気配りはさすが『カタール航空』です。機内やトランジット中に歯磨きをしたくなっても安心。

座席もゆったり感ありで快適なんです。お食事の時間には和食・洋食から選べる3種のメニューがあります。日本語対応のメニューもあるから安心ですよ。

私たちは和食をチョイス。メインのお魚と海老のグリルは白ワインとの相性もバッチリ!

食後には本格的なナイロビブレンドコーヒーやスリランカ産の紅茶を楽しめます。

まったりと過ごしながら15分無料のWi-Fiや、機内の映画を楽しんでいるうちに、あっという間にドーハに到着!

約11時間の空路も、ぐっすり眠ることができたので、時間をあまり感じませんでした。これは夜便ならではの魅力。

客室乗務員さんから教えてもらって見ることができた、到着直前の日の出がとても綺麗で、印象的でした。

ベストタイミングはぜひ乗務員さんに聞いてみて! 絶景に出会うチャンスを教えてくれますよ。

 

■トランジット中にドーハの市内観光へ

グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

出典:カタール航空

ドーハ空港に到着すると、現代アート風の黄色いテディベアがお出迎え。見上げるほどの大きさなので、思わず写真に収めたくなること間違いなし。

今回の旅で、ドーハからローマ行まで遅い便で出発し、約7時間をトランジットとして確保したのにはちゃんと理由が。

なんと、5時間以上のトランジットがある場合、ドーハ市内観光に無料で参加できちゃうんです!

黄色いテディベアを背にして「B」のコンコースに入っていくと予約カウンターが見えてきます。並んでいることもあるので、ツアーに参加したい場合は早めに予約がマスト。

人生初のドーハは、都会的な解放感と中東の神秘性が融合した素敵な街でした!

グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

バスに乗って約2時間45分の市内観光。ザ・パール、カタラ文化村、イスラム美術館、アラビアンマーケットのスーク・ワキーフをまわることができます。

ドーハの冬は暖かいので、日本が寒い時期に訪れるとかなりの気温差が。出発時に薄手の服中に着ておくか、鞄の中に着替えを忍びこませておいて!

ふたたび『カタール航空』の飛行機に乗り、いざローマへ!

現在ローマでは、空港から市内までタクシーを使用する場合、一律46ユーロで行くことができますよ。この日はホテルで就寝。次の日に備えます。

 

■ローマの旅をコーディネートしてくれるのは…

グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

ヨーロッパで活躍する、その土地の「イマ」を知るコーディネーターは羽石ともよさん。

大学時代にイタリアで舞台美術を学び、“キネティックアート”を専門とし、舞台芸術とグラフィックを統合した作品を手がけるアーティストです。イタリアには10年以上在住しているそう。

羽石さんにイタリアの最新事情を教えてもらいました!

1

 

夏織「日本ではテルマエ・ロマエの漫画の印象もありますが、イタリアの人は美容に関してはどのような文化を持っているのですか?」

 

羽石さん「イタリアの人は美容にとてもに敏感で、美容院へシャンプーとセットをしに行くくらいです。多い人で3日に1度のペースで行きますよ」

 

とても美容意識が高いんですね! そんなイタリアの人が足繁く通うおすすめのSPAへ。

グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

訪れたSPAはテルマ風呂の『AcquaMadre』。入店しビーチサンダル・タオル・アカスリスポンジの3点を受け取り、水着・もしくは裸になり店内の地下に移動します。

まず、ぬるま湯を浴び、あんこ色の柔らかくて少し弾力のあるモロッコ産の石鹸を、身体に満遍なく塗ります。

その後ミストサウナ室に5〜10分程度入り、また出てぬるま湯を。そして再びミストサウナ室へ。これを3回繰り返します。その後はスクラブでお肌を清めます。思った以上に垢がでて驚き!

垢を落とすためにシャワーを浴びたあとは、ジェット付きの水風呂へ。火照った体をクールダウンします。

そして最後にシャワーを浴び、一連のSPA体験の流れが終了。

最後に温かいハーブティーを飲んでリラックス。

日本のSPAとは違い、内装や内容も昔からの手法が引き継がれています。日中に体験しましたがお店は大人気! 時間帯によっては男性も入店できるそうですよ。

お肌がスベスベになり大満足。私たちが体験したコースはベーシックな“Hammamコース”。1人50ユーロで出来ちゃいます。ぜひウェブサイトから予約してみてくださいね。

 

■イタリアパスタを堪能したい!

グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

SPAが終わり、ちょうどお昼どき。お腹が空いたところで羽石さんオススの2017年ミシュランに掲載された『Colline Emiliane』へ連れて行ってもらいました。

ローマ発祥とされるカルボナーラは、実は1940年以降のアメリカ人の影響で生まれたものなのだとか。

今回訪れたこちらのお店では、その起源であるメニュー“TAGLIOLINI CON CULATELLO(タリオリーニ・コン・クラテッロ)”をいただく事ができました!

2

 

絵里奈「イタリアの人にとって、カルボナーラはどういう料理なのでしょうか?」

 

羽石さん「イタリア人にとってカルボナーラは日本でいう“カレー”のようなもの。それぞれの家庭によってレシピが異なる、こだわりの料理です。私の家でもカルボナーラは必ず主人が作りますよ笑」

 

グルメと美容のオトナ女子旅!土地の魅力を満喫する「ローマの過ごし方」【カタール航空でヨーロッパ】

実際にお店で食べた“タリオリーニ・コン・クラテッロ”の味は、麺が細めで薄いのが特徴。バターとオリーブオイルの味が麺とよく絡んでいて、日本ではなかなか味わえないお味。

カルボナーラと違い、卵を使用していないシンプルな味付けですが、しっかりとした味わい。麺も手作りの生パスタでとっても美味しかったです。

そのほか、ローマ近郊の家庭料理で「イタリア史上最も地味なパスタ」と呼ばれる“PASSATELLI IN BRODO(パッサテッリ・イン・ブロード)”や、スタンダードなボロネーゼ・スープパスタなどもあり、イタリアならではの豊富な種類のパスタが楽しめます。

 

■「カタール航空」でヨーロッパに行くことができるチャンス!?

さて楽しかった旅も終盤! 帰りも『カタール航空』で、日本へ向かいます。

のどが渇いたらすぐにドリンクをもらえたり、夜小腹がすいたときにはお夜食としておやつをもらえたり……。細やかな気配りが行き届いた快適な空旅。すっかり『カタール航空』が気に入っちゃいました。

現在、カタール航空では“カタール航空チケットがその場で当たる!クイズ カタール航空でいく!バーチャルトリップ”というキャンペーンを実施中!

この記事の内容がクイズのヒントにもなっているので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

今回、「食」と「美」にこだわりのあるイタリア・ローマのオススメスポットへ、羽石さんの案内でたくさん訪れることができました。

“2度目のヨーロッパ”女子旅を心ゆくまで堪能!

また、観光地は“コロッセオ”、“トレビの泉”、“真実の口”から、スペイン広場周辺のハイブランドでショッピングまで。どれも楽しいので、ぜひ足を伸ばしてみることをオススメします。

羽石さん曰く、4〜6月辺りが過ごしやすい気温で観光シーズンといわれていますが、1月中はセールの時期のようなので狙い目!

ヨーロッパに行ったことがない方はもちろん、2度目以上の方も『カタール航空』をご利用してみてはいかがでしょうか。

【画像】

(c)Nosh

【参考】

※ “カタール航空チケットがその場で当たる!クイズ カタール航空でいく!バーチャルトリップ”キャンペーン実施中!

※ SPA AcquaMadre Hammam

※ レストラン Colline Emiliane

Sponsored by カタール航空