オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【みんなのお金事情】働く社会人が「習い事」にかける平均金額は

【みんなのお金事情】働く社会人が「習い事」にかける平均金額は

l201109281200

人生は、勉強の連続といいますよね。
義務教育を終えても大学に入り、勉学に勤しみ、待遇の良い職場に勤めても、学ばなくてはならないことが山のようにあります。もちろん、体が資本なので健康を保つこと、健康なカラダづくりにも気を使いますよね。
できれば、仕事の合間になにか身になる習い事をして、自分のスキルアップや健康に努めたいところですよね。また周りの人がどのくらい自分磨きとしてお金をかけているか気になるところ。

そこで株式会社ドゥ・ハウスが、自社のインターネットリサーチサービス「myアンケート」上で20代から50代の働く男女969名を対象に行った、習い事に関するアンケート調査をご紹介していきたいと思います。

 

■習い事、もっとも人気だったのは「語学」

d11141-38-585246-1

現在、習い事をしている男女に、その内容について質問した結果を集計したものとなっているのですが、これによると1位は「語学」で全体の26.7%を占めていたことが分かりました。複数の言語に精通していれば、職種によっては即戦力レベルで重宝されますし、何はなくとも英語さえ習得していれば、海外旅行でも苦労することは少ないはず。
仕事の面でも、プライベートの面でも心強いスキルですから、人気があるのも頷けます。

次に「スポーツ」という回答が26.4%と、こちらも人気でした。
運動に時間を割くことを意識しない限り、少しずつ体脂肪率が気になってしまうのが現代社会の悩ましいところ。
運動で適正な体型、体脂肪率をキープする。そのメリットは、多くの人々が実感しているようです。
また、運動をすることでストレスを解消する効果もありますから、ストレス社会ともいわれる昨今の労働環境を生きる人々にとっては、「スポーツ」は非常に有意義な習い事でしょう。

3位には「フィットネス、ジム」の24.0%がつけています。人気の習い事が分かったところで、気になるのは月にどれくらいの費用を習い事にかけているのか気になりますよね?

 

■習い事にかける月の費用、平均は11,833円!

このアンケートによれば、全体平均は11,833円。平均なので習い事の種類と費用もピンキリだとは思うのですが、たとえば英会話教室なら毎月1万円もあれば何度か通うことはできますし、やる気があればすぐに投資を回収して、なおも余りあるメリットを手にすることができるでしょう。

皆さんは、今現在なにか習い事をしていますか? 冒頭で書いたように、人生は常に勉強の連続。誰にも勧められない分、自分の意思一つでどこまでも役立つスキルを得ることができるのが、社会人の習い事の一番の魅力。

毎月のお小遣いに余裕があるという方は、是非なにか習い事をスタートしてみてくださいね!

みんなのお金に関する「【みんなの金銭事情】期待してたのにボーナスが増えなかった…これって私だけ?」

もチェックしてみてください!

【参考】
習い事に関するWEBアンケート-株式会社ドゥ・ハウス

Recommend
検索窓を閉じる