オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【パーソナルカラー診断】似合う「アイシャドウ」選びのコツ

【パーソナルカラー診断】似合う「アイシャドウ」選びのコツ

出典:NOSH

メイクやファッションなど、「自分に似合う色がわからない……」と思ってはいませんか?

自分に最適の色がわかれば今よりもっとメイクが楽しくなるんです。

今回は、印象を劇的に変える『アイシャドウ』に注目して、パーソナルカラーの各カラータイプごとに似合う色をご紹介♡

まだ診断ができていない方は、『あなたは何タイプ?似合う色がわかるパーソナルカラー診断』をCHECK!

 

■スプリングは「ピーチ系の淡色シャドウ」で柔らか可愛いを演出♡

春のお花畑のような雰囲気が似合う“スプリングタイプ”は、ふんわり柔らかな印象をつくるとgood。

ついブラウンで統一しがちなアイシャドウも、スプリングタイプなら“淡色ピーチ系”をチョイスしても違和感なし。

チークやリップも同系色のカラーにすることで、さらに柔らかさを強調することができます♡

女性らしい雰囲気で、好感度UPにもつながるかも。

 

■サマーなら「ピンクブラウン」or「ブルーピンク」でエレガントに仕上げる!

ブルーベースの肌である“サマータイプ”なら、ピンク系のアイシャドウはお手のもの。

目元にほんのりとアイシャドウをつけることで、女性らしさを際立たせることができるでしょう。

サマータイプは頬に赤みが出やすいため、目元に赤みを加えることで目立たなくさせる相乗効果も狙えますよ。

 

■オータムは「オレンジベージュ」を主役にした温かみのある雰囲気で勝負!

血色が出にくい“オータムタイプ”は、目元にオレンジ系のアイシャドウを入れることで、顔の印象を明るくするのがおすすめ。

締め色には、“濃いブラウン”または“カーキ”を使用することで、目元も強調できて洗練された印象になるでしょう。

クールな雰囲気が似合うオータムタイプは、オレンジやベージュをちょっとだけ加えて、やわらかな雰囲気をつくるとより女性らしく見えます。

 

■ウィンターは「ブルーのライン×淡いピンク」でメリハリをつけて!

顔立ちがはっきりしている“ウィンタータイプ”だからこそ似合うのが、ブルーのアイライン。

そんな、ブルーのアイラインにベストな組み合わせなのが“ピンク系のアイシャドウ”です。

目元をより強調させ、美しさを格上げしてくれるでしょう。

ウィンタータイプには、目元にポイントを置いたメイクがおすすめ。

 

“色”を自分の味方にできれば、以前の自分よりもずっと魅力が増して周りから褒められることも多くなるはず。

ベストカラーを常に意識して、オシャレを楽しみましょう♪

 

辻野 祐馬
ファッション美容ライター
雑誌編集者&WEBライター。ファッション、美容、恋愛などの執筆を中心に複数の女性メディアで活動。色彩検定、化粧品検定の1級を保有。カネボウメイクアップ養成講座でメイクを学ぶ。特技はパーソナルカラー分析。
Recommend
検索窓を閉じる