オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 友達、何人いる?みんなの「人付き合い事情」が明らかに!

友達、何人いる?みんなの「人付き合い事情」が明らかに!

shutterstock_168732350

出典:shutterstock

仕事帰りに同僚と飲みに行ったり、取引先と会食したり、久しぶりに学生時代の仲良しと集まったり……アフター5もギッシリで、なんか疲れる……。なんて、感じたことはありませんか?

得意な人にとっては何でもないことですが、苦手な人にとっては超難関の“人付き合い”。人脈は社会人の生命線、なんて言いますが、皆さんは実際にどうなんでしょう?

『マイボイスコム株式会社』は、「人付き合い」に関するインターネット調査を実施し、10,303件の回答を集めました。すると、驚きの調査結果が明らかに!

 

 

■人付き合いが得意でない人は、ほぼ半数!main

アンケートによると、人付き合いが得意な人は21.8%。女性10代や50代以上、また世帯年収が高い層ほど比率が高くなっている一方、人付き合いが得意でない人は48.1%、男性40代以下や女性20・30代で比率が高い傾向にあるそう。

男女ともにどちらかというと、若い世代が人付き合いに対して苦手意識を感じているみたいですね。女性は特に、仕事や、結婚し子育てが忙しくなる時期でもあるので、そんなことも影響していそう。

さて、次に「友人の数」についてのアンケート結果を見てみましょう。

 

 

■まじで!? 友人「0人」は2割もいた!

sub1

友人が5人以上いる人は5割で、過去の同調査と比べて減少傾向。全体では、「3~4人」「5~6人」「11人以上」が多くなっていますが、若年層では「11人以上」の比率が高く、10代では4割強、20代では3割弱みられます。

驚きなのは、40代以下の男性。なんと、「友人の数は0人」が、2割弱もいるんです! 一体どうして……?

 

■他人とは、一定の距離を保った方が上手くいく?

では、みなさんの人付き合いに関する考え方を見ていきましょう!

「他人とは一定の距離を保ったほうがうまくいく」と考えている人が48.5%。ひっつき過ぎず、離れ過ぎず、程よい距離感を保つことがベストとのこと。

続いて、「自由な時間があったら、一人で過ごす方がよい」、「本音を話せる・打ち明けられるような相手は少ない」、「知らない人とは、すぐに打ち解けられない方だ」が3~4割でした。誰かを誘い予定を合わせる手間を考えたら、思い立ってすぐに行動できる1人の方が気楽という気持ちも分からなくないですが……。

細かく見てみると、「本音を話せる・打ち明けられるような相手は少ない」、「知らない人とは、すぐに打ち解けられない方だ」、「趣味などがあう人と、狭く深く付き合う方だ」は、女性10・20代で比率が高くなっています。誰とでも仲良くするというよりは、自分が心を開ける人との交流を深めているという人が多そうですね。

 

 

こうしてみると、なんとなく共感できる部分もありました。スマホの普及などもあって、24時間誰かと連絡をとれる環境であるからこそ、人付き合いに疲れを感じてしまう人も多いのかもしれませんね。

【関連記事】

※「秘密」は隠す?それとも正直に言う?みんなの「隠し事事情」を調べてみた

※出会いから3ヶ月以内が勝負!「恋人ができる確率」を上げる方法って?

※1位は北陸のあの県!「結婚相手の理想が高い」地域ランキング

 

【参考】

※【人付き合いに関するアンケート調査】友人が5人以上いる人は5割で減少傾向。コミュニケーションのとり方は、「会って話す」8割弱、「メール」6割、「電話で話す」5割弱―MyVoice

【画像】

※ VeryUlissa/shutterstock

Recommend
検索窓を閉じる