オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Beauty > 健康 > エステ講師が実践!「疲れ&だるさ」を感じた時のツボ

エステ講師が実践!「疲れ&だるさ」を感じた時のツボ

どっと疲れが押し寄せる年末。カラダのだるさや疲れを感じていませんか? 年末年始を元気に過ごすためにも、疲れは早めにリセットしておきましょう。

そこで今回は、エステ講師の筆者が日ごろ疲れやだるさを感じた時に押しているツボをご紹介します!

 

■湧泉


出典:NOSH

リフレクソロジーをはじめとする足裏セラピーでもよく施術に含まれるのが、湧泉というツボです。太陽神経叢など、さまざまな呼び名があります。

その名のとおり、活力が湧く、体力や気力を高めてくれると言われています。押すと疲労感や倦怠感が軽減され、気持ちも前向きに。

足裏に力をいれてグーの形にした時に、一番凹んでいるところにあります。

親指をあてて強めに押したり、指圧棒などを使ったりして押すのもおすすめです。筆者はテレビやお風呂の時間に押しています!

 

■足三里


出典:NOSH

足三里は長寿のツボ、健脚のツボともいわれ、全身の倦怠感がとれて活力が湧いてくるとされています。脚のむくみもラクになる気がします。

膝頭の下から指四本分、すねの骨のすぐ外側にあります。

椅子に座りながらや、膝を立てて座りながら、ふくらはぎを掴むように親指を足三里にあて、強めに揉みほぐしてみてください。じーんと響く、わかりやすいツボだと思います。

 

自宅でも簡単にできるので、筆者は疲れやだるさを感じた時に実践しています。ぜひみなさんも、今年の疲れは今年のうちにサヨナラしませんか?

Recommend
検索窓を閉じる