オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > マジでドン引き!「映画デート」で男をガン萎えさせるNG行動

マジでドン引き!「映画デート」で男をガン萎えさせるNG行動

いい雰囲気になってきている男性と、“映画デート”を楽しむというのはよくあることでしょう。

ただし、“映画デート”での行動によっては、男性のあなたを見る目が変わってしまう可能性も……。

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“映画デート”で男性をガン萎えさせてしまうNG行動をご紹介します。

 

■「スマホ」をイジってばかりいる

そもそも映画の上映中にスマホに触るのは、完全なマナー違反。やはりちゃんと電源は切っておくべきです。それなのに、上映中にも関わらず堂々とスマホをイジっていたら、男性にもドン引きされてしまうでしょう。

暗闇の中でスマホの画面が光っていたら、ほかのお客さんにとっても迷惑になります。男性からすると、そんなマナーのなっていない女性と一緒にいるのは恥ずかしいと感じ、「いい加減にしてくれよ」と思われてしまうかもしれません。

 

■何度も「出入りする」

映画の上映中に退席するのも、あまり褒められた行動ではありません。どうしてもお手洗いが我慢できないとか体調不良なら仕方ありませんが、何度も出入りをくり返すと男性をイライラさせてしまうかも。

ジッと座って観ることができない“落ち着きがない女性”という感じがしますし、そもそも映画自体を楽しんでいないような印象も受けるでしょう。それでは男性には、「この子と来るんじゃなかったな」と後悔されてしまうことにもなりかねません。

 

■「大股開き」で座る

映画を観ている間はずっと座っていなければならないので、ちょっと楽な姿勢になりたいと思う人もいるかもしれません。しかし、あくまでもデート中なので、大股開きで座ったり、行儀の悪い足の組み方をしたりすると、男性にガッカリされてしまうかも。

リラックスしすぎて油断をしたり、上映中は暗いから大丈夫だろうと安心をして、女性らしさに欠ける行動をとったりすると、もしそれに気づいたときに男性はショックを受けてしまうはず。それが本性のようにも思われやすいので、油断は禁物ですよ。

 

■当たり前のように「話しかけてくる」

上映中に話しかけられるのは、集中して映画を観たい人にとっては迷惑だと思われてしまうかもしれません。一度や二度くらいならまだしも、当たり前のように何度も話しかけられたら、さすがに引かれてしまう可能性も。

映画の内容について質問したくなることもあるかもしれませんが、男性が集中して観ている時は話しかけない方がベター。あまりに話しかけすぎると、男性も映画の内容が頭に入らなくなってしまい、映画デートそのものが台無しになってしまうこともあるでしょう。

 

“映画デート”で自分勝手な行動をしてしまうと、男性に人間性そのものを疑われてしまう危険性もあります。マナー違反になるような行動はせず、映画もデートも、両方とも楽しむような姿勢でのぞみましょう。

【画像】

※ BlueSkyImagee/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる