オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【手相占い】あればラッキー!運がいい人が持っているレア手相

【手相占い】あればラッキー!運がいい人が持っているレア手相

“運のよさ”というのは、努力によって高めることができない要素。運のいい人やツイてる人って、うらやましいですよね。もちろんオールマイティに運がいい人はいませんが、ある分野に関しては負け知らずの強運を発揮する人は確実に存在します。

出典:NOSH

そこで今回は、“運がいい人が持っているレア手相”をジャンル別にご紹介いたします。

 

■1:金運に恵まれお金に困らない幸運な相

小指の付け根に3センチ以内で、はっきりした強い金運線が刻まれている人は、“お金に困らない強運の持ち主”だと言えます。稼ぐ力もさることながら、貯金も順調に増えていき、お金に困ることはないでしょう。線の状態としては、下から上に向かってまっすぐ針金のように伸びるのが理想的。線の勢いが強ければ強いほど、金運に恵まれ幸せな生活を送ることができるはず。

 

■2:愛情深く幸せな家庭を築ける幸運な人の相

感情線が木星丘のあたりで終わっているタイプの人は、“思いやりにあふれている”と言えます。おまけに相手に対して気配りを欠かさないため、異性からの人気もバツグン。一度付き合うと、相手に対して誠実なので、結婚後も波風の経たない幸せな生活を送ることができるでしょう。家庭に入ると良妻賢母となり、夫や子供からも愛されて、愛情深い家庭を築いていけるはず。

 

■3:有力者に助けられて前途洋々な幸運相

太陽線の支線が下の方から斜め上に向かって合流するのは、これまた幸運の相のひとつ。“経済力や権力のある人がバックアップしてくれる”ことを暗示しています。支援者の後押しによって、どんどん道も開けていくはず。運の良さに加えて、自分自身も努力を続ければ、さらに幸運が訪れるでしょう。また、金星丘を起点にした線が太陽丘に流れ込んでいれば、莫大な財産を相続する可能性もありますよ。

 

■4:どんな状況にあっても最善を尽くせる強運の相

基本的に運命線がほかの線によって遮断されるのは、あまりいい相ではないと言えるでしょう。しかし、運命線が知能線で止まっている場合でも、先端が人差し指と中指の間に向かう場合は意味が異なります。この場合は“強運の相”と呼ばれ、どんな状況においても最善を尽くして頑張る“気持ちの強さ”を持ち合わせていることを意味するものです。そのため、あらゆる困難を糧に変え、自分の思い通りの人生を送れるように。

 

“運のよさ”は生まれつきのケースもありますが、その多くは後天的につくられていくもの。つまり、運は自らの生き方によって高めることが可能なのです。運をよくするポイントは、“プラス思考”と“笑顔”、そして“掃除”の3つ。これを毎日心がけていれば、あなたの手相も“強運の相”に変わっていくはずですよ。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 【男の本音】コンドームは自分でつける?それとも、彼女につけてほしい?

※ さすがにウザすぎっ!男がイラっとする女子の“年末年始”LINE

※ アラサー女がぶっちゃけ!2017年の「最高のエッチ」3連発

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる