諦めるのはまだ早い!「電気をつけたままのエッチ」で彼と再燃する方法

諦めるのはまだ早い!「電気をつけたままのエッチ」で彼と再燃する方法

「最近、彼とのエッチがなかなか盛り上がらない……」

せっかくのお泊りデートで期待していたのに、中途半端で終わってしまいガッカリした経験はありませんか?

「以前に比べて、彼のやる気を感じられない」「彼だけ先に終わってしまう」など不満に思ったり、「もしかして、カラダの相性が悪い?」「私の何かがいけないの?」など不安に思ったりしてしまうことも。

実は、カレとのベッドで盛り上がらない理由の1つは、「恥ずかしいから、電気は消して!」「明るい場所は嫌!」と言っている自分だとしたら、どうしますか?

 

■男性は「視覚」で興奮する。男性が「盛り上がるエッチ」とは?

男性は女性と比べて明るい場所でエッチをしたがる場合が多いようです。「恥ずかしい」から電気を消したいのに、彼が希望するのでしぶしぶ受け入れた経験がある人もいるのでは?

では実際、一般的なカップルの『エッチ中の電気事情』はどうなっているのでしょうか?

『LCラブコスメ』が男女含む174名を対象のアンケートによると、なんと3人に1人が「電気を消さない」と回答! 女性の「恥ずかしい」という気持ちを押してまで、わざわざ明るい場所で彼とエッチをする理由は、一体何なのでしょうか?

「電気を消さない方が、カレの本能を刺激できるのかも。いつもより大胆に愛撫してくれた」(28歳/メーカー)

「声だけじゃなくて、私が感じている顔を見ると何倍も興奮するみたい」(26歳/販売)

「本当は電気を消したいけど、カレがどうしてもって言うから……」(29歳/営業事務)

つまり、「彼がいつもより興奮する」「彼のやる気が全然違う」という反応の違いで、明るいままでのエッチを選んでいたのです。

元々、男性は「視覚」で性的興奮を得る傾向が。例えば、世の中にはグラビア写真集やビデオなど男性向きのものは、目で見て興奮するものが多いですよね。

男性は感じている女性の表情を見て確かめたいので、できればエッチでは電気を消したくないようです。女性としても、自分の感じている表情を見ることで彼が盛り上がってくれた方が嬉しいですよね。

「いつも電気をつけたまましているのに、彼はそんなに盛り上がらない……」

実は男性が求めるこの“明るいままのシチュエーション”に、エッチを盛り下げてしまう落とし穴が!

女性のカラダを見て一生懸命に性的興奮を得ようとしている男性が、見ると逆に“萎えてしまう”ものもあったのです。それは一体どのような女性のカラダなのでしょうか?

 

■男性が「ガッカリする」女性のカラダとは?

ずばり、男性が「見たくなかった……」と落胆するのは、“デリケートゾーンや乳首が黒ずんでいる”カラダを見た時。

『LCラブコスメ』のアンケート調査によると、「女性のデリケートゾーンを見て、黒ずんでいると感じたことがありますか?」という質問ところ、3人に2人の男性が「ある」と回答したことがわかったのです。

さらに、「女性のデリケートゾーンが黒ずんでいるとどう思いますか?」と一歩踏み込んでみると、思わずドキッとする男性の本音がズラリ……!

「真面目そうな女性だったから、遊び慣れている感じがしてショックだった」(29歳/建築)

「どうしてだろう? それまですごく興奮していたのに、一瞬で気持ちが冷める」(27歳/金融)

男性にとって、年齢に関係なく“清楚”“可愛らしさ”を感じるピンク色のデリケートゾーンは永遠の憧れ。逆に黒ずみを目の当たりにすると「気持ちが萎える」「興奮しない」「遊び慣れていそうな感じがして嫌だ」など、マイナスイメージを抱いてしまうこともあるようです。

日本人はメラニン色素が多く、特に黒ずみができやすい体質。成人女性の9割以上が黒ずみを持っているといわれています。

とはいえ、諦める必要はありません! 黒ずみをしっかりケアして、明るい場所でのラブタイムに自信を持てるようになった女性たちもいるのです。

デリケートゾーンや乳首の黒ずみが気にならない、男性が見て興奮する美しいカラダを手に入れて、彼とのラブタイムが盛り上がるようになった彼女たちの幸せな体験談をご紹介します。

 

■「ずっと舐めていたい…」夢のようなエッチ体験

初めてのエッチのとき「全然嫌なニオイがしないし色もとってもキレイ。ずっと舐めていたい」と言ってくれて……。それ以来たくさん求めてくれます。

便利な石鹸ケースも購入し、ホテルにも持って行きました。ある時彼に「この石けんは何用? ボディソープは持って来たよね」と、何気なく聞かれたので……勇気を出して正直に話しました。

すると彼が「そんなこと全然気にしなくていいのに……でもそうやって俺のために努力してくれてる姿がすごく可愛い。本当にうれしいよ」と今まで以上にたくさん愛してくれるようになりました。(ふみかさん/24歳 /介護士)

彼との初めてのお泊まりの時。さすがに電気を消してくれると思っていたのに、まさかの電気を全てつけたままでのベットタイムだったので、バストトップの色が完全に見られてしまう状態でした。

どうかな、ガッカリされないかな、とドキドキしていましたが、下着を外した彼が一言、「え、めちゃくちゃ胸綺麗……」と。ボソッと心の声が漏れたような感じで呟かれた瞬間、思わず心の中でガッツポーズをとりました。

実際、自分でもわかるくらいに見た目が綺麗になっていたのです。ちなみに、デリケートゾーンを舐めてくれた時、今までこんなにしっかり舐めてくれた人はいなかったですし、「俺、もしかしたら、ここ舐めるの好きなのかもしれない。もっと舐めて良い?」と言ってくれたんです。

今では、自分のバストトップと、デリケートゾーンの臭いにコンプレックスが全くなくなったため、明るい中でのベットタイムも、一緒にお風呂に入ることも全く抵抗がありませんし、そのおかげで、彼とのイチャイチャタイムを楽しむことができています。(すみれさん/24歳/会社員)

 

■カレを虜にするデリケートゾーンのケア方法とは

この『LCジャムウハーバルソープ』を開発した『LC ラブコスメ』は、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する“ベッド専用香水”や、思わずあなたの髪をなでなでしたくなる“ヘアパフューム”など、恋をする女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。

明るい場所で彼を興奮させて、たっぷり愛されるようになった女性たちが、こっそり愛用しているのが、『LC ラブコスメ』の『LCジャムウハーバルソープ』。

インドネシアの伝統的なハーブを、日本人女性の素肌に合うように開発・製造したデリケートゾーン用の自然派石鹸です。

保存料や石油系界面活性剤などの添加物を使用していないので、デリケートゾーンはもちろん、黒ずみの気になる乳首やワキなど、全身に使えるのがポイント。

さらに嬉しいのは、使い方がとっても簡単なこと! 泡立てネットでよく泡立てたふわふわの泡を、黒ずみが気になるパーツに乗せて3分間パックするだけ。

これなら毎日のお手入れ習慣として手軽に続けることができそうですよね。

電気をつけたままの明るい場所で彼にカラダを見られても、自信がもてるボディに導いてくれます。

さらに、黒ずみだけでなく、気になるニオイのケアもできるので、急な展開でラブタイムに突入しても焦る必要はありません。

→『LCジャムウハーバルソープ』の魅力をもっと詳しく見る

 

いかがでしたか?

この『LCジャムウハーバルソープ』を開発した『LC ラブコスメ』は、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する“ベッド専用香水”や、思わずあなたの髪をなでなでしたくなる“ヘアパフューム”など、恋をする女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。

「やっぱり裸を見られるのが恥ずかしい……」なんて、いつまでも真っ暗な部屋でエッチしているなんても勿体ない! もっと男性の本能を揺さぶる刺激的なエッチを心がけないと、カレのハートが離れてしまうかもしれません。

デリケートゾーン専用石鹸『LCジャムウハーバルソープ』でケアして、電気を消さずに明るい場所でのエッチで盛り上がってみませんか? より深く、二人のラブタイムがもっと濃厚なものになるはず。

【画像】

※ 出典:LC ラブコスメ

【参考】

※ LCジャムウハーバルソープ

Sponcerd by LC ラブコスメ