オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 成功率アップ!? 男性が思わずOKしちゃう「告白」のセリフ

成功率アップ!? 男性が思わずOKしちゃう「告白」のセリフ

出典:https://www.shutterstock.com

「大好きな彼に想いを伝えたい……。」

けれども、失敗したくないからこそ、どんな言葉で気持ちを伝えるのがいいのかと迷ってしまうもの。

そこで今回は、男性が思わずOKしてしまう“告白のセリフ”を、男性ライターの筆者が男性目線でご紹介します。

 

■「大好きです!付き合ってください!」

ストレートに想いを伝えるセリフは、男性の心にまっすぐ響くため、成功率も高くなりやすいでしょう。

「これって告白なの?」と思うようなあいまいさもないので、男性としても答えやすいはず。

ストレートに伝える告白で、さらに成功しやすくするためには“雰囲気づくり”が大切です。

いきなり告白するのではなく、誰もいないムーディーな場所で恋の話をしてからなど、ロマンチックな雰囲気をつくっておくのがポイントですよ。

 

■「好きになっちゃダメ?」「○○君の彼女にしてくれませんか?」

男性に対してへりくだるような告白のセリフは、特にシャイな男性に対して成功しやすいかもしれません。

恥ずかしがり屋の男性の場合、まっすぐに「好き!」などと伝えると男性を驚かせたり、引かれたりしてしまうことがあります。

また、もし自分を好いてくれていたとしても、照れてしまって、うまく返事ができないなんてことも……。

一方で、「彼女にしてくれませんか?」といったセリフは、へりくだりつつも、きちんと男性に対して“イエスかノーか”を問いかけているので、シャイな男性も答えやすいでしょう。

 

■「○○君とちゃんとした恋愛がしたい」

「付き合う前に、身体の関係をもってしまった……」というような、あいまいな関係になってしまった状況で使える告白のセリフです。

相手に対する“誠実さ”を伝えることができるので、男性に「この人となら素敵な恋愛ができるかも」と思わせることができるでしょう。

また、これまで不幸な恋愛ばかりをしてきた経験があり、その話を男性にしている場合にも◎。

このセリフで告白されると、「俺がこの人を幸せにしてあげたい」という意識を芽生えさせることができるかもしれません。

 

■「○○君が彼氏だったら嬉しいな」

告白をして振られてしまうと、そこで関係が断たれてしまう可能性が……。

そこで、“本気の告白のセリフ”ではなく、“牽制の告白のセリフ”をご紹介します。

「○○君が彼氏だったら嬉しいな」と言った時、男性がまんざらでもないような態度を示したら、「本気で言ってるんだよ?」と、思いきって打ち明けてみてもいいかも。

しかし、もし「なに言ってんだよ」などと笑いながらリアクションされた場合、“脈なし”かもしれません。

そういう時は「ドキっとしたでしょ?」と冗談っぽく返すと、関係は壊れず、その恋愛を終わらせずに済むでしょう。

 

成功しやすい“告白のセリフ”は、男性のタイプや関係性によっても異なるもの。

彼にとって最適な“告白のセリフ”で、あなたの「好き」な気持ちが伝わり、素敵な交際が始まりますように。

【画像】

※ Wedding Stock Photo/shutterstock

【関連記事】

※ 【男の本音】コンドームは自分でつける?それとも、彼女につけてほしい?

※ さすがにウザすぎっ!男がイラっとする女子の“年末年始”LINE

※ アラサー女がぶっちゃけ!2017年の「最高のエッチ」3連発

高萩 陽平
フリーライター
心理カウンセラーの資格を持つフリーライター。
心理学に基づいた記事を主に執筆しているが、女性には理解しにくい男性視点での記事も執筆する。「共感する恋愛コラム」ではなく「成功する恋愛コラム」をお届け。
Recommend
検索窓を閉じる