オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > 可愛いなぁ♡男がグッとくる「行為中」のワガママ

可愛いなぁ♡男がグッとくる「行為中」のワガママ

出典:https://www.shutterstock.com

行為中に可愛いワガママを言える女性は、“愛され度の高い女性”。

男心をくすぐるような可愛いワガママを言うことができれば、彼もあなたに夢中になるかもしれませんよ。

男性がグッとくる行為中の可愛いワガママ、あなたも習得してみませんか?

 

■「もっと」は王道の可愛いワガママ

王道の可愛いワガママと言えば、「もっと」ではないでしょうか。

彼にもっとしてほしい時は、ためらうことなく「もっと」と伝えるのが可愛さのコツ。

女性の素直なお願いに弱い男性は多いものです。

ポイントは、“甘えた声”でお願いすること。彼も思わず、あなたの言うことをなんでも聞きたくなるはず。

 

■「いじめたい」「いじめられたい」ワガママにキュン♡

彼をいじめたい、いじめられたいといったワガママは、可愛いワガママとして受け入れてもらえやすいでしょう。

「ギュッってして」「キスして」といったお願いももちろん嬉しいでしょうが、“いじめたい・いじめられたい”というのはより“性”に直結したワガママ。男性の“エッチな心”を刺激できるのかもしれません。

また、男性も口にしないだけで彼女を責めたい・責められないと思っている人は意外と多いもの。

自分の願望だけを押しつけるのは気が引けるかもしれませんが、“性に直結したワガママ”は、素直に伝えてみるといいかも。

 

■大切なのはお願いの仕方!可愛く言えばどんなワガママも可愛い?

ワガママの内容よりも、可愛いワガママと思われるか否かは、“言い方次第”かもしれません。

ぶっきらぼうに伝えるのではなく、彼の瞳を見つめて、少し高い声で、ちょっと“ぶりっこ”するぐらいの気持ちで伝えてみましょう。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、男性は“わかりやすい可愛さ”に弱い人が多いようです。

男心にグッとくる可愛いワガママというのは、“言い方”も重要になりますよ。

 

ワガママの内容よりも、ワガママを言っている彼女が可愛ければ、男性は受け入れてあげたくなるもの。

行為中に可愛いワガママを言えるようになって、ぜひ彼の心を虜にしてくださいね。

【画像】

※ Roman Samborskyi/shutterstock

【関連記事】

※ 男が「遊びの女からのLINE」でついやっちゃうサイテー行為

※ 【男の本音】「こいつ、ヤレる」と思う瞬間は?

※ 【男の本音】“ヤリたい女”と“付き合いたい女”の違い

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる