仮面ライダー俳優・上遠野太洸が浅草で大暴れ!人生初金髪は「パッと見のインパクトあり」(1)

人気コミックをベースにAmazonプライム・ビデオで連続ドラマ化した「ガキ☆ロック 浅草六区人情物語」が、4月14日からスタートします。主演を務めたのは、2014年に公開された劇場版映画でも主人公・志村源を金髪姿で熱演した俳優の上遠野太洸さんです。Noshでは本作で連続ドラマ初主演の上遠野さんを直撃! 意気込みや、日々の上手なストレス発散法を聞いてきました。

「同じ原作をベースにした主演映画の公開が2014年。その時に“同じメンバーでまたやれたら”と言い合ってはいましたけれど、それから3年くらい経っていたので、正直もうないだろうと思っていました。それが連続ドラマとして再び製作されて、かなり驚きました。映画版も初主演作で、連続ドラマ版でも初主演。“ガキ☆ロック”は自分にとって大事な作品といえますね」と有言実行に喜ぶ上遠野さん。

映画版当時は俳優2年目で「自分のことだけで精一杯だった」と振り返りますが、それから3年。特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」などの出演を経て、上遠野さんは俳優としての経験値を大きく増やしました。それを踏まえて「今回は主演として率先していい空気を作らなければ、現場を引っ張らなければという気負いがありました。脚本を深く読み込んで、疑問に思った事はきちんと意見する。若い頃って監督やスタッフに気を使ってしまって意見することができないことが多いので、自分の姿を通してそれもできる現場だという事を皆に知ってもらおうと思いました」。

作品の質を上げるための行動は、チームの結束力にも影響を与えたといいます。物語の舞台となる浅草での撮影も、一体感をもたらすきっかけに。「外国人観光者も多く、その中での撮影は大変でした。日本人と違って、外国人観光客は好奇心旺盛でグイグイとくる。交通整理をするスタッフが大変そうで、そういった状況もあり、演じている僕たちの中に自然と“一発でやらないとヤバい!”という共通の気持ちが生まれていました」。ピンチがいい緊張感の起爆剤になったようです。

役作りのために染めた金髪ヘアーにも注目。映画版では金髪のカツラを使用していたため、髪の毛を染めたのは高校以来とのこと。「初めての金髪だったので周囲から“ウケる!”“似合わない!”という声も多く、自分自身も長らく黒髪だったので気持ちが悪かったです。でも撮影を通して馴染んでいき、パッと見のインパクトもあるし、今では黒髪時代の自分に違和感があります」と初挑戦の金髪姿も満更ではないようです。

【画像】

※ (c)Nosh

【関連記事】

※ 新木優子、美ボディの秘訣は?「~し過ぎない」

※ 「デートはお花見をしたい」竜星涼、恋愛観を赤裸々告白

※ 成田凌、パパ願望を告白「僕も早いとこ子供がほしいです」

※ ワイヤーで吊るされ全体重を感じた内田理央、あの人はニップレス探しに必死

※ 土屋太鳳、大人のガーリースタイルで登場!笑顔で華やかランウェイ