オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > テレビ > 志尊淳の思いやりに触れた竹内涼真、思わず一言「じゅんじゅん、優しい」

志尊淳の思いやりに触れた竹内涼真、思わず一言「じゅんじゅん、優しい」

1月15日(月)、『“ソフトバンク”の新サービスに関する記者発表会』が都内にて行われ、ゲストに竹内涼真さん、志尊淳さんらが出席しました。


出典:NOSH

フォトセッションにはおなじみ・白戸家のお父さんも参加し、壇蜜さんや竹内さんと戯れ、そのかわいらしいやり取りに場内はほんわかムード。


出典:NOSH

この日、ソフトバンクは竹内さんが先生を演じているCMでもおなじみの「学割先生」(学生も先生もおトクという大容量50Gで3,980円というもの)サービスとともに、初めてのスマホもおトクの「スマホデビュー割」にiPhone8&iPhone8 Plusも加わるという、うれしいサービスを発表しました。

さらに、発表された新CMには先生役の竹内さん以外に、教頭役で生瀬勝久さん、女性教師役で壇蜜さん、さらに生徒役に志尊さんが登場することに!


出典:NOSH

旧知の仲である竹内さんと志尊さん♡

竹内さんは「(志尊さんと)そんなに年、変わらないんですよ」と言うと、志尊さんも「1歳差で、この前まで同じ年の学生役をやっていたんです(笑)」と微笑み合います。

その様子を眺めていた生瀬さんは「似合うねえ、格好いい。若いって素晴らしい!」と感動していました。

そんな竹内さん、5歳からサッカーを始め、高校時代は東京ヴェルディのユースという腕前を披露することになり、リフティングに挑戦。


出典:NOSH

スーツ姿と革靴、さらにはマイクを持ちながらというハンディにもかかわらず、なんとリフティングは瞬く間に38回越え!

これには志尊さんも大喜びで、「すそに当たっていたりしたから本当は50回超えていたかも!」と声をかけると、竹内さんも「じゅんじゅん、優しい」と仲良いやり取りを。

記者発表会の最後には、出席者がそれぞれ特大書初めで「今年の抱負」を披露しました。

志尊さんは「変」という大きな一文字をしたため、「毎年いろいろな仕事をして、いろいろな変化を感じられるんです。今年も追い求めていきたい。でも自分の中のものも変わらずにやっていきたいと思って、ダブルミーニングです」としっかりと意図を話していました。


出典:NOSH

ソフトバンクの新サービスは1月17日(水)よりスタートです。

【関連記事】

※ 竹内涼真、学生たちの本気ダンスに舌を巻く「相当練習しないとできない」

※ 【動画】竹内涼真、クリスマスの予定を聞かれ「楽しみたいんですけど…」

※ 竹内涼真、大ブレイクの1年を振り返る

Recommend
検索窓を閉じる