オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > テレビ > 金曜ドラマ「アンナチュラル」第2話の見どころ&あらすじ

金曜ドラマ「アンナチュラル」第2話の見どころ&あらすじ

胃の中からダイイングメッセージが!?

死因究明のスペシャリストたちが、“不自然な死”の謎を解く、1話完結の法医学ミステリー!!

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみさん)が働く『不自然死究明研究所』、通称『UDIラボ』は、国の認可を受けた全国初の“死因究明”に特化した研究所。警察や自治体から依頼された遺体を解剖し、調査する機関です。

出典:(c)TBS

ある日、ミコトたちは警察の依頼により、集団練炭自殺の現場に出向きます。そこには4人の遺体があり、刑事の毛利(大倉孝二さん)は事件性がないと主張しますが、ミコトは解剖することを決めます。

出典:(c)TBS

その結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定された。ところが、ひとりの少女は“凍死”であることが判明。

さらにその少女の胃の中からダイイングメッセージが発見され、事件は思わぬ方向へ……。

出典:(c)TBS

無理心中に見せかけた事件の真相を探るミコトと六郎(窪田正孝さん)らUDIメンバーだったが、ミコトが絶体絶命のピンチに陥り……。自殺にみせかけた犯行の真相とは!?

金曜ドラマ『アンナチュラル』第2話は、1月19日(金)よる10時放送です

Recommend
検索窓を閉じる