オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > 映画 > 菅田将暉、山田裕貴に親しみを込めつつ格好つけを指摘「何気取っているん…

菅田将暉、山田裕貴に親しみを込めつつ格好つけを指摘「何気取っているんだろう(笑)」

8月27日(日)、映画『あゝ、荒野』完成披露上映会舞台挨拶が丸の内ピカデリーにて行われ、W主演を務めた菅田将暉さん、ヤン・イクチュンさんらが登壇しました。

2021年の近未来、ネオン煌びやかな新宿を舞台に、詐欺に明け暮れる新次(菅田さん)と、赤面対人恐怖症のバリカン(ヤンさん)が出会い、ふたりがボクシングを通して熱く生きる運命を描いた青春ドラマです。

菅田さんは、劇中でライバルとなるボクサー役の山田裕貴さんと本気でぶつかり合ったことを告白。

「お互い練習を一緒にやったんです。トレーナーさんの“腹打ち”する時間があって、ただただ“腹打ち”」と、菅田さんが壮絶な練習内容を明かします。

山田さんも「顔はさすがにあれ(打たない)ですけど、ボディは本当に耐えられるように鍛えました」と、菅田さんに同意。

すると菅田さんが「試合シーンでも、大事なのは向かい合っている時間とか、ふたりの空気感なわけで。本当に殴っても大丈夫だからこそ、緊張感が出るんです」と迫真のボクシングシーンへの想いを告げたと思いきや、「でも、“あゝ、荒野”の後、少女漫画原作のやつで会ったときは“何こいつ気取ってるんだろう”って思った(笑)」と山田さんの変貌ぶりを打ち明けていました。

また、新次の彼女役としてヒロインに抜擢された木下あかりさんは、撮影初日で菅田さんとの濡れ場を演じたとのこと……!

「“初めまして”と言い合った3分後には、もう……」と木下さんが言えば、菅田さんが「裸だったんだよね」とつなぎ、木下さんは「緊張したんですけど、初日でよかったなって思いました。逆に恥ずかしいものないな、と」と話し、菅田さんもうんうん頷いていました。

『あゝ、荒野』前篇は10月7日(土)より、後篇は10月21日(土)より、新宿ピカデリーほか2部作連続公開です!

【関連記事】

※ 大東駿介、主演映画に脚本があって「よかった」!?

※ 窪田正孝、舞台挨拶でファンに大サービス!

※ モデル・岡崎紗絵が実践!簡単スタイルキープ術

※ 町田啓太&関口メンディーのラブラブぶりに会場も動揺!?

※ モデル・黒瀧まりあが気になる「秋のトレンドキーワード」

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる