オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > 【年下くんとの刺激的な夜】アラサー女の「二度と忘れられない」エッチな…

【年下くんとの刺激的な夜】アラサー女の「二度と忘れられない」エッチな思い出#6

包容力があって、落ち着いた雰囲気の年上男性は、デートもエッチもリードしてくれる理想の彼氏。

でも、たまには可愛らしい“年下くん”とちょっぴり刺激的な恋をしてみたい……なんて思ったことはありませんか?

「年下くんのエッチって、すごく興味がある!」


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、年下男性と経験のある20~30代独身女性を対象に、「いい意味でも、悪い意味でも忘れられないエッチ」をこっそり暴露してもらいましたよ。

 

■何でも言うことを聞くから…

「初めは童貞かと思うくらい下手っぴだったエッチが、半年かけて調教したおかげで、ビックリするくら上達!愛撫の力加減や、挿入の角度まで、恥を忘れてかなり細かいことを言ったからね。年下くんをテクニシャンに育てるコツは、上手にできたときに“すごい”、“こんなの初めて”と大げさに褒めること。主導権は私だけど、カレがリードしているように演じてあげること。この前私の誕生日には、初めてカレのエッチでイクことができて、涙が出るくらい嬉しかった。」(35歳/保険)

ちょぴり物足りなかったエッチの調教に成功したアラサー女性たちは、次に付き合うときも「絶対年下くんがいい!」と、かなり前向きな考えを持っていることが判明!

ペットや子どもを育てる感覚で、自分好みの彼氏を作り上げる楽しみがあるのかもしれませんね。

 

■大したテクニックもないくせに…

「大学のサークルOBで集まったとき、たまたま意気投合した3歳年下のカレ。付き合っている相手もいなかったし、軽い気持ちでベッドインしたら、大した愛撫もなく挿入されて“イッた? イッた?”と何度も聞かれてウンザリしたことがある。ぶっちゃけ挿入中もコレといった特別な動きはなく、カレだけ満足しておしまい。それなのに、1時間もしないうちに“もう一回する?”と誘われて、“もう自分勝手な年下男は勘弁!”って思った。」(28歳/金融)

好意的な意見がある一方で、「もう二度と付き合いたくない!」と口にするアラサー女性もたくさん!

彼女たちは、年下くんの自分勝手で単調なエッチに付き合わされてウンザリしてしまったようですね。確かに退屈なプレイを「もう一度どう?」と誘われても、気乗りしないかも……。

 

■何にでも興味を抱くお年頃なのか…

「新入社員の歓迎会でたまたま隣に座った7歳年下のカレ。同じ大学出身だったし、出世候補のイケメン君だったし、“ちょっといいかな”なんて思っていたら、なんとカレの方からお誘いが……!酔った勢いもあって、自宅のベッドでゆっくりエッチを楽しんでいたら、“おもちゃないの?”、“○○は?”とアブノーマルなアイテムばかり要求されてドン引きした。興味本位なのか、カレ自信が変態だっただけなのか分からないけど、私には付き合いきれなかった。」(30歳/メーカー)

まだまだ知らない世界がたくさんある年下くんたちは、ベッドの上でも新たなプレイに興味津々!

おもちゃや刺激的なアイテムがあると、つい試したくなってしまうようです。でも、毎回のように無理な要求ばかりされてもなかなか落ち着かないもの。

どこまで付き合ってあげるかは、あなた次第……です。

 

「ちょっと物足りない」という意見がある一方で、「勢いのあるプレイがたまらなない」「自分好みの彼氏に育てられる」と評判の年下くん。

まだ一度も経験のないアラサー女性は、思い切ってベッドインしてみる価値があるかもしれませんよ。

【取材協力】

※ 20~30代独身女性

【画像】

※ gpointstudio/shutterstock

【関連記事】

※ 我慢できない…アラサー女性がドン引きした「彼ママ」エピソード

※ 男性が「この子との結婚はないな…」と思う瞬間4つ

※ 独身時代より幸せ!? 既婚女性が「結婚してよかった!」と実感する瞬間

※ ゴールインはいつ?「結婚できない女」の習慣

※ 男が「ソッコー結婚したい!」と思う彼女の振る舞い

※ ズルズルしたくない…「結婚につながる同棲」のポイント

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる