オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > イベント > 高良健吾、出身・熊本での被災地の状況語る「大切なのはイメージトレーニ…

高良健吾、出身・熊本での被災地の状況語る「大切なのはイメージトレーニング」

『みんなの防災+ソナエ』記者発表イベントが開催され、俳優の高良健吾さんが登場しました。

『みんなの防災+ソナエ』は、9月3日〜12月10日に全国で開催される、体験型“防災”イベントです。


出典:NOSH

地震保険広報キャラクターとして、CMにも出演する高良さんは、開催された有明の会場『そなエリア東京』内オペレーションルームについて、「実はシンゴジラの時に撮影で使いました。ここから入ってきて、向こうから出ていきましたね(笑)」と有名映画でのエピソードを語りました。


出典:NOSH

CMでのパパ役は初めてだったという高良さん「もう自分は30歳になることも意識していたので、準備していたり考えていることが活かされています。30が自分の中では楽しみです。」とコメント

また高良さんは熊本県出身で、熊本地震の際は被災地で活動もされたそう。

今回の防災イベント開催にあたり、実際の被災地での状況を聞かれると「何が足りないのか、何が必要なのかと地元の仲間と連絡を取り合ってました。母校にも”水をください”などと書いてある状況で。(東京から)いくらでも運ぶことができるので、仲間と協力して水をたくさん運びました」とコメント。


出典:NOSH

「水を配る時に並ぶ時、お年寄りと子供を優先させて並ぶ。そんな風景がどの避難所でも見ることができました。また大変な状況の中でもユーモアを忘れない人が何人描いて。場の空気を変えていて、ユーモアの大切さを感じました」と被災地の様子も教えてくれました。

最後に、防災の準備について聞かれた高良さんは「個人的にはいろんな装備を準備して、使い方も学んでて。大切なのはイメージトレーニングだと思っています。自分がそういう状況に陥った時にどう行動するのか。本当はイメージしたくないけど、軽くでもイメージしてくと、落ち着くことができるし、初めの一歩が変わって来るかなと思います」と回答し、防災に対する意識の高さをうかがわせました。


出典:NOSH

記者発表会には、『みんなの防災+ソナエ』防災ナビゲーターとして気象予報士の森田正光さん、木原実さん、日本テレビアナウンサーの鈴江奈々さん、くまモンも登場し、被災地の様子や防災の大切さなどを教えてくれました。

体験型防災イベント『みんなのソナエ+防災』は9月3日(日)〜12月10日(日)まで全国各地で開催。

いつ自分の身に降りかかるかわからない災害。まさかの事態に備えるためにも、家族や大切な人と防災について学んぶいい機会になりそうです。

【関連記事】

※ イケメン♡竹内涼真にインタビュー!好きな女性のファッション、最近ハマっているものは…?

※ 竹内涼真、オーディションで掴んだ「陸王」キーパーソン役<本人コメントあり>

※ 安室奈美恵の新曲「Showtime」、小泉今日子主演ドラマの主題歌に決定!

※ 小島瑠璃子、自身がデザインした豪華振り袖で華やかランウェイ

※ TAKAHIRO、登坂広臣にぼやく「パワーバランスがおかしくなった」

Recommend
検索窓を閉じる