オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > ドラマ > 夏帆の「奪われたくない概念」とは?

夏帆の「奪われたくない概念」とは?


出典:NOSH

女優の夏帆さんが、“奪われたくない概念”を告白しました。

それは11日に都内で行われたWOWOW『連続ドラマW 予兆 散歩する侵略者』(9月18日深夜0:00)の第1話完成披露試写会でのこと。染谷将太さん、そして黒沢清監督が参加しました。

劇作家・前川知大氏が率いる劇団『イキウメ』の人気舞台を原作にした映画『散歩する侵略者』の黒沢監督が、『リング』などで知られる脚本家・高橋洋氏と『蛇の道』以来約19年ぶりにタッグ。

『散歩する侵略者』のもう一つのエピソードとして、映画版とは違う新たなキャストで異色の侵略サスペンスを描き出す。

東出昌大さん演じる真壁司郎から地球侵略を告げられる山際悦子役の夏帆さんは、念願の初黒沢組。

「とにかく緊張していました。ずっと憧れていて参加するのが目標でもあったので、撮影初日は自分でもしっかりしろ!と思うくらいフワフワ。ただ緊張感はあるけれど、変に委縮するものではなく気持ちのいい現場だった」と回想。

山際悦子の夫で医師の辰雄役で、映画『リアル~完全なる首長竜の日~』以来黒沢組2度目の染谷さんも「久々の黒沢組はやはり楽しかった」と声を弾ませ、「しかも収録時間も毎回早く終わるので、毎日家で晩御飯を食べることができた」と健全なスケジュールでの撮影を報告しました。

夏帆さんも「3週間で撮り切ると聞いたときは、眠れないなと思った。でも現場に入ったら家で晩御飯が食べられた。こんな現場があるんだ!と驚きました」とスピーディーな撮影を振り返ると、黒沢監督は「いや、社会人として当たり前ですよ。それが普通だと思いますけど」と苦笑いでした。

また作品にちなんで、出演者の東出さんから「どの概念を奪われたら嫌か」という質問が届きました。

東出さんの「苦しみの概念は奪われたくない」という返答に夏帆さんは「実はMなのかな?」と笑わせながら、当の夏帆さんは「味覚」と回答。

黒沢監督から「それ以外の概念はなくなってもいいということだよね?」と確認が入ると「食べるのが好きなので……でもそう言われると嫌ですね」と難しい出題に困り顔でした。

【関連記事】

※ 長澤まさみ、演技指導に「あっ、はい」独特のクセを暴露

※ 福山雅治と広瀬すず、「3度やってしまう」こととは?

※ 香里奈がこの秋注目するのは「サイハイブーツ」 おしゃれに着こなすコツは?

※ 小島瑠璃子、自身がデザインした豪華振り袖で華やかランウェイ

※ TAKAHIRO、登坂広臣にぼやく「パワーバランスがおかしくなった」

Recommend
検索窓を閉じる