オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > 終わりのサイン!? 「別れが近いカップル」のLINE

終わりのサイン!? 「別れが近いカップル」のLINE

別れが近いような末期症状に陥ってしまっているカップルは、LINEのやり取りにも変化が見られるようになります。

今までのようなやり取りができなくなっているのなら、危険な状態になってしまっている可能性も高いですよ。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、“別れが近いカップル”のLINEの特徴を紹介します。

 

■「連絡事項」しか送り合わない

恋人同士であれば、LINEでどうでもいいような会話をすることも多々あるでしょう。そういったことが一切なくなり、お互いに連絡事項しか伝えなくなってしまったのなら、気持ちも冷めてきているのかもしれません。

LINEでの会話がなくても、ちゃんと面と向かっての会話はたくさんしているというのであれば全く問題はないですが、両方ともなくなってきている場合はかなり危険な状態でしょう。

会話をするのも面倒になってしまうと、どんどん距離もできてきてしまいますよ。

 

■いつでも「忙しい」しか言わない

相手をするのがうっとうしいと感じているときに一番便利な方法は、「忙しい」という言葉で逃げることです。「忙しい」と言われてしまうと、相手もそれ以上は突っ込めなくなるので、それが狙いでもあるのでしょう。

いつLINEをしても「忙しい」とか「手が離せない」なんて言ってくる場合は、あなたと会話をする気がない証拠。

本当に思いが強ければ、あとで連絡をしてきたり、忙しい中でも合間を縫って会話をしたりしてくれるはずですよ。

 

■なかなか「既読」にならない

LINEを送っても、なかなか既読にならない。元々そういう人なのであれば仕方がないかもしれませんが、付き合っていくうちにだんだんとそういう状態になってきたのであれば、気持ちが冷めてきているのでしょう。

さらに、かなり時間が経ってから既読になったうえに、その返信が冷たかったり適当だったりした場合は、そもそも会話をしたくないのかも。

既読になったら返信をしなければいけなくなるので、それを避けたいのでしょうね。

 

■全く会話が「盛り上がらない」

別れの近いカップルのLINEは、もはや会話も全く盛り上がりません。お互いに相手と話すことに楽しさを感じていないので、盛り上げる気分にもなれないし、頑張ってみても盛り上がらなかったりもするのでしょう。

何を話しても「うん」とか「わかった」とか「了解」などの返信しかこなかったり、いつもスタンプだけで返信がきたりするのであれば要注意。

そもそも最初から会話をしようとする気がないのでしょうし、早く終わらせたいという姿勢でもあるのでしょう。

 

今回紹介したような状態が彼氏とのLINEに見られるのであれば、ちょっと危険度も高いかもしれません。

そのままの状態を続けてしまうと、別れにつながってしまう確率も高いので、改善すべき部分は改善した方がいいでしょう。

【画像】

※ Viktor Gladkov/shutterstock

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる