オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > 「そろそろ籍入れようか?」男子が思う結婚のタイミング

「そろそろ籍入れようか?」男子が思う結婚のタイミング


出典:https://www.shutterstock.com

付き合ってだいぶ経つけど、一向にプロポーズされる気配なし……。愛してはくれているようだけど、結婚となると話は別なの?

男性はなにがきっかけで結婚に踏み切るのでしょうか? 今回はアラサー、アラフォー既婚男性に結婚のタイミングを聞いてきました。

 

■貯金が貯まった

「将来、家族を養っていくって思ったら、ある程度の貯金がたまらないとプロポーズできないな。無一文で結婚を迫るなんて彼女に失礼でしょ!」(28歳/商社)

大好きだからこそ、「貯金ゼロで結婚して!」なんていう無責任なことは言えないんです。

素敵なエンゲージリングだって買ってあげたいし、結婚式や新婚旅行だって彼女の希望に合わせてあげたいですから……。何も言ってくれなくても、コツコツ貯めている様子が見えるならそれはプロポーズの準備かもしれませんよ!

 

■平社員から卒業した

「今の奥さんとは7年も付き合っていたんだよね。早く結婚したかったけど、平社員じゃ男として一人前じゃない気がして、なかなか所帯を持つ気になれなかったんだ。去年、やっと役職がついて入籍したよ。」(33歳/メーカー)

毎日、しっかり働いているのですから平社員だって立派だと思いますが、それでは男のプライドがゆるさないのでしょう。役職のつかないまま結婚式では招待客にかっこがつかない…なんて考える人も少なくないようです。

「結婚!結婚!」と焦らせるより、昇格して一人前になれるよう応援してあげた方が結婚までの近道になりそうです。

 

■転勤した

「地元に居る時は彼女ともすぐ会えるし、友達とか家族もいるから特に結婚は意識してなかったけど、急に九州に転勤になった時に、“彼女と一緒に居たい!”って思ったんだよね。それでプロポーズしたんだ。」(34歳/損保)

沢山のひとやものに囲まれている地元ではなかなかあなたの大切さに気づけずに結婚願望が湧かないかもしれませんが、遠くに転勤するとなると、本当に大切な人やものに気付くんですよね。あなたは彼の転勤についていく覚悟はできていますか……?

 

■彼女が30才になった

「自分の歳は気にならなかったけど、やっぱり彼女が30歳になると責任取らなきゃな……って思った。20代のいい時を自分と過ごしてくれたんだからこれからは俺が幸せにしてやらなきゃって思って彼女が30歳になる誕生日に入籍したよ。」(36歳/証券)

何も考えていないように見える彼も彼女の30歳という歳はしっかり意識しています。焦らせなくても、そろそろ結婚しなきゃって分かっているんです。それにもかかわらず「責任取れ!」とガツガツ迫っては彼が引いて逃げ腰になってしまいます。ちらつかせながらも相手を責めずに待ってみましょう。

 

■子供ができた

「自分の場合は嫁が妊娠したのがきっかけ。もともと結婚願望なかったけど、彼女のことは好きだったから子供ができたら結婚しようねって言っていたんだよね。」(27歳/勤務医)

結婚する理由に子供をあげる人は少なくありません。2人だけだったら籍を入れる必要性を感じなくても、子供が出来ると家族としての意識が芽生えるのでしょう。子供好きだけど結婚願望がないという彼ならでき婚を狙ってみるのもよいのかもしれません。

 

「相手を幸せにできるか……?」「家族を養っていけるのか……?」を基準に結婚のタイミングを決めるという男性が多数でした。若いうちに結婚したいという女性とは逆で男として一人前になる歳まで待ちたいと考えているよう。

なにも言ってくれない彼ももしかしたらあなたと将来結婚するために日々男磨きを頑張っているかもしれません。無理にプロポーズを催促せず少し待ってみてはいかがでしょう。お互いが望んだタイミングで結婚した方が幸せになれると思いますよ!

【画像】

※ Shunevych Serhii/shutterstock

城山ちょこ
フリーライター&1児の娘を持つママ。大手保険会社、広告代理店を経て、夫の転勤に帯同したのを機にライターの道へ。現在は多数媒体でコラム執筆中。ジャンルは恋愛・結婚、美容、占い、ライフ、オフィスなど。
Recommend
検索窓を閉じる