オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Fashion > ファッション > 超特別ジュエリーを身に着けた長澤まさみ「自分の格を上げてくれる」

超特別ジュエリーを身に着けた長澤まさみ「自分の格を上げてくれる」

10月2日(月)、『The Queen Of Kalahari(クイーン・オブ・カラハリ)』来日記念イベントが都内にて行われ、長澤まさみさんが342カラットの原石から生まれたダイヤモンドジュエリーを身につけて登場しました。


出典:NOSH

長澤さんは黒を基調にしたイブニングドレス風のロングワンピース姿で登場。

髪の毛もオールバックで後ろになでつけ、ジュエリーをさらに際立たせているかのようでした。

恭しく登場した長澤さんは、「すごく緊張しています。とても貴重なものなので、ただただ呆然という感じです。ピュアな気持ちにもなれるから、石は不思議なパワーを持っているのかなと思います」と告白しました。

長澤さんがお話しする通り、『クイーン・オブ・カラハリ』は、今からおよそ1年半前、ボツワナのカロウェ鉱山にて発見された、342カラットを誇るダイヤモンド原石。

あまりに貴重すぎて販売されていないため、値段は付けられないほど!


出典:NOSH

長澤さんは襟元には170カラットのネックレス、耳には11カラットのイヤリング、55カラットの時計に28カラットの指輪と、何とも豪華絢爛な装飾で圧倒的な美を披露していました。

自分にとってのジュエリーについて聞かれると、長澤さんは「自分以上の人間になれたような気がして、自分の格を上げしてくれて、自信を持たせてくれて、夢を見させてくれるものであるのかなと思います。特別なものです」と表現しました。

実は、長澤さんは2014年にフランス・カンヌで開催された『ショパール』のパーティーがきっかけで、『クイーン・オブ・カラハリ』と出会ったそう。


出典:NOSH

2015年には、出演した『海街diary』が出品されたカンヌ映画祭で、ハイジュエリーを身につけてレッドカーペットも歩きました。

「レッドカーペットは、すごく緊張感がありました。でもそういう機会をいただけたのであれば、ジュエリーに助けられたなと思って、堂々と歩くべきなので、自分に自信を持って、この場を乗り切ろうと思いました」と、思い出の一幕を振り返っていた長澤さんなのでした。

【関連記事】

※ 山本美月、電話するときのしゃべり方が変!?

※ ディーン・フジオカ、山田涼介にメロメロ「顔をずっと見ていたい」

※ 右に山田涼介、左にディーン・フジオカ「両手に花」状態で本田翼がテンションMAX

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる