オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > インタビュー > 稲葉友が捧げる“HiGH&LOW”愛「窪田正孝は見ていて嫉妬します」

稲葉友が捧げる“HiGH&LOW”愛「窪田正孝は見ていて嫉妬します」

NOSH企画でお届けしている映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(以下、『HiGH&LOW3』)の出演者インタビュー第2弾!


出典:NOSH

前編に引き続き、SWORD地区の5大勢力のうち「W」にあたるスカウト集団White Rascals (ホワイトラスカルズ)より、強烈なキャラクターで大人気のKIZZY(キジー)役、稲葉友さんに、濃~いエピソードを語っていただきました!

 

Q:『HiGH&LOW3』のトレーラーでは、スモーキー(窪田正孝さん)の行く末が案じられています。稲葉さんはスモーキーのことを、どう見ていますか?

稲葉友(以下、稲葉):スモーキーはずっと格好いいので……ダメです(笑)。窪田くんは上手だし、アクションも格好いいし、芝居もバッチバチ。出代が少ないのに、何でこんなにしっかり残しているんだろう、ずるいな、と思うほどです。

Q:スモーキーならぬ、窪田さんへの愛になっていますが(笑)。

稲葉:(笑)。窪田くんのよさって、少なくとも僕には全くないものなんです。あの穏やかさにちゃんと熱を持たせていてやっている感じとか、スモーキーのキャラクターを作り込みすぎず、でも誰よりも説得力を持ってやられているのが、本当にあの人の実力ですよね。上手な人なので、見ていて嫉妬します。とはいえ、死ぬほど絡みがないんですけど(笑)。


出典:NOSH

Q:流れで聞きたいのですが、ご自分以外で好きなキャラクターを挙げるなら誰になりますか?

稲葉:カイト(栁俊太郎さん)。

Q:即答でした(笑)。

稲葉:(笑)。あ、でも『HiGH&LOW2』に関して言えば、村山役の(山田)裕貴くんには、観終わって速攻「めっちゃ格好よかった」とLINEしました。あと、初参戦の岩永ジョーイ(※ブラウン役)は昔から仲がよくて、彼にも「めっちゃ格好よかった」と連絡しましたね。でも日向(林遣都さん)のけだるい感じとかもすごく好きですし、やっぱりうちのボス・ロッキー(黒木啓司さん)もいいし……ああ、言い出したらキリがないです(笑)! 演じていると、愛おしくなっちゃうんです。


出典:NOSH

Q:『HiGH&LOW2』では、珍しくコブラ(岩田剛典さん)とふたりのシーンもありましたよね。

稲葉:ふたりのシーンをやって、それこそ「半端じゃねえな」、「SWORDの頭ってすげえ……」と思いました。本当は、コブラにはもっとヌメヌメしてやろうと思ったんです。KIZZYがヌメッとコブラに絡んだら、お客さんが喜ぶなあと思ったんですけど、「ああ、これ以上近づけねえ。触っちゃいけない」という圧がありました。


出典:NOSH

Q:「お客さんが喜ぶかもしれない」という目線は、常に持っていらっしゃるんですか?

稲葉:役によっては全く考えないときもあるんですけれど、『HiGH&LOW』では特に持っていますね。ドラマシリーズのときにも「コブラちゃん、いい男じゃない」というようなくだりがあったので、それを使って何かできればいいかなと思ったんです。お話が飛んだ部分でつながっていると、観ている方はきっとうれしいじゃないですか。

Q:盛り上がるから、という気持ちがあるんですね。

稲葉:そうですね。『HiGH&LOW』は規模感が大きすぎて、(自分に)ゆだねられる部分がすごくあるんです。非常に寛容だから、好き勝手やらせてもらっているというか。


出典:NOSH

Q:撮影稿の台本も拝見しましたが、完成された作品を観たときに、かなり台詞などが違っていたりするので、正直驚きました。

稲葉:そうなんですよね!結構皆、足したりしていますよ。僕もアドリブはやりましたし。

『HiGH&LOW』は、特に(台本に)書いてあることが映画に載ってくるとは限らないので。正直、めちゃくちゃ切られているんですよ(笑)。でも「何で使わないのに撮っているんだ?」ということではなくて、その結果、今のエンターテインメント作品ができあがっているので、必要な過程だと思うんです。どこが使われるかは演者もわからないので、自分のいるシーンが絶対使われるところにしないといけないというか。味をいっぱいつけておこう、と。逆に「これは言わないほうがいいかもしれない」とか、「この台詞はこの状況だと違う言葉になるかもしれない」という話し合いも結構ありました。


出典:NOSH

Q:貴重なお話の数々をありがとうございました! 最後に、NOSH読者にメッセージをお願いいたします。

稲葉:『HiGH&LOW3』では、『HiGH&LOW2』で、ある種広がったままで皆が気になっている部分がわかりますし、さらに想像を超えてきています。アクションももちろんすごいので、『HiGH&LOW2』以上に楽しみにしていただければと思います!(取材・文:赤山恭子、写真:編集部)


出典:HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION

映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』は11月11日(土)より、全国ロードショーです!

【関連記事】

※ 山田裕貴に単独インタビュー!「村山を超えるような役を演じないといけない」

※ 山田裕貴の告白「これで死んでもいい」「何か伝われ、と思ってやっていた」

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる