オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ロバート・秋山竜次、体ものまね進化系を勝手に披露

ロバート・秋山竜次、体ものまね進化系を勝手に披露

10月14日(土)、『京都国際映画祭2017』にてTV DIRECTOR‘S MOVIE『女々演』舞台挨拶が京都・TOHOシネマズ二条で行われ、主演の福原遥さん、共演の秋山竜次(ロバート)さん、そしてMCに河本準一(次長課長)さんらが登壇しました。


出典:NOSH

見どころを聞かれた秋山さんでしたが、いきなり音楽を流し、持ちネタ「体ものまね」を披露!

今回は進化系(?)として、口の部分を開けてパスタを食べるという技まで見せて、客席と福原さんを沸かせ、満足気な笑みを浮かべていました。


出典:NOSH

そんな秋山さんが出演する『女々演』は、高校の演劇部を舞台に、文化祭3日前、絶対的ヒロインが退部してしまい、残された4人の「微妙」な女子が、女のリアルで生々しい部分を全開にする物語。

劇中とは異なり、現場は「和気あいあいとしていて楽しかった」と言う福原さんは、先生を演じた秋山さんを「面白かったです!」と表現します。

「それほど出てもいないんだけどね……」と恐縮する秋山さんでしたが、「待機場所が教室で一緒で皆が集まっているだんけど、秋山さんだけ端のほうで太陽に当たっていた」と福原さんが発言。

現場での出来事をバラされた秋山さんは、すかさず河本さんに「まだ焼くの?たいめいけんの三代目より黒いよ!」と突っ込まれましたが、「すごく日差しがよかったんです」と、いけしゃあしゃあと答えていました。

ちなみに、秋山さんは社会科の教師役だったそうですが、「ちょっと油断すると、この髪型なのですぐ金八みたいになっちゃうんですよ(笑)」と『3年B組金八先生』を引き合いに出して、またもや福原さんを笑わせていました。

『京都国際映画祭2017』は10月12日(木)~15日(日)まで開催です。

【関連記事】

※ 森川葵、劇団EXILE・佐藤寛太の凡ミスを暴露

※ 瑛太、「売れない」時代の貧乏生活を告白

※ emma流!旬の「オーバーサイズ」を着こなす方法

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる