オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > あなたは何タイプ?似合う色がわかるパーソナルカラー診断

あなたは何タイプ?似合う色がわかるパーソナルカラー診断


出典:WEAR

店頭で気に入った服を見つけて購入したものの、家で試着したらなんか似合わなくて結局全然着ていない……なんてことありませんか?

自分に似合う色や小物がわかれば、彼や友達から褒められることが増えるし、余計な出費も抑えられちゃう!

そんなときに役に立つのがパーソナルカラー診断。スプリング、サマー、オータム、ウィンターの4つのタイプに分けて、似合うものが簡単にわかるようになるので、早速診断してみましょう。

 

■Step1:ブルーベースかイエローベースかCHECK!

まずは自分の肌がブルーベースかイエローベースかチェックしましょう。

以下の項目をチェックしてYESの方が多い人はイエローベース、NOの方が多い人はブルーベースとなります。

Q1:地毛の色は少しも茶色ではなくて真っ黒。⇒YES/NO

Q2 :頬の色はオレンジよりピンクっぽい⇒YES/NO

Q3: 肌質は陶器肌より透明肌⇒YES/NO

Q4 :肌全体がくすみやすい⇒YES/NO

Q5 :どちらかといえば肌は白いほう⇒YES/NO

Q6 :目力があると人に言われる⇒YES/NO

Q7 :暖色系よりも寒色系の色が似合う⇒YES/NO

Q8: 小柄より大柄の服が似合う⇒YES/NO

Q9 :瞳の色が真っ黒⇒YES/NO

Q10 :日焼けすると白く戻りにくい⇒YES/NO

 

■Step2:ソフトタイプかハードタイプかCHECK!

次に、肌の性質がソフトタイプなのかハードタイプなのか見分けていきます。

以下の項目をチェックしてYESの方が多い人はソフトタイプ、NOの方が多い人はハードタイプとなります。

Q1:目立つ顔ではなく優しい印象の顔⇒YES/NO

Q2:髪質は柔らかい方⇒YES/NO

Q3:日焼けすると赤くなる⇒YES/NO

Q4:瞳の色が明るいかソフトな黒⇒YES/NO

Q5:顔全体や鼻の周りが赤い⇒YES/NO

Q6:色黒ではなく色白⇒YES/NO

Q7 :年齢より幼く見られる⇒YES/NO

Q8 :皮膚が薄い⇒YES/NO

 

Step1、2の診断によって、下記のように分類されます。

・イエローベースでソフトタイプ→スプリングタイプ

・イエローベースでハードタイプ→オータムタイプ

・ブルーベースでソフトタイプ→サマータイプ

・ブルーベースでハードタイプ→ウィンタータイプ

ただし、これには注意が必要。上記診断には例外の人もいるため、Step3、4でさらに細かくチェックしてみてください。

 

■Step3:肌の特徴を把握しよう

上記でも述べたように、パーソナルカラーではタイプごとに肌質の傾向があるのですが、例外の人も中にはいるので注意が必要。

自分のタイプを間違えないよう、こちらでさらに細かい特徴を挙げていきます。

・スプリングの特徴

肌質:繊細で透明感のある肌。肌の色は明るいクリーム系アイボリーか小麦色。

よくある肌の悩み:皮膚が薄く、鼻の周りに赤みがあることが多い。日焼けをするとシミなどのトラブルが。

・オータムの特徴

肌質:赤みのない象牙のような肌。毛穴がなくツルツル。

よくある肌の悩み:赤みがないため血色が悪い。疲れて見られることも多い。目の下に青いクマができやすい

・サマーの特徴

肌質:粉っぽいピンク系の肌。日焼けをしたらソフトで浅黒い。

よくある肌の悩み:肌が薄いため、顔全体にローズ色の赤みがでやすい。目尻やまぶたの横に茶色いクマができやすい

・ウィンターの特徴

肌質:赤みのない粉雪のような白い肌、または浅黒い肌

よくある肌の悩み:肌全体がくすみやすく、顔全体の血色が悪い

 

■Step4:カラーシートで最終判断!

最後は、下記のピンク色の中で自分に何色が似合うかチェックしましょう。

・サマーのピンク


出典:NOSH

・ウィンターのピンク


出典:NOSH

・スプリングのピンク


出典:NOSH

・オータムのピンク


出典:NOSH

理想はそれぞれの色の服を店頭で試着してみること! その時に、以下のような特徴が出ているか確認してみてください。

【似合う色が肌の近くにある時の特徴】

・肌全体のくすみが消える

・あごのラインがくっきり見える

・頬がリフトアップして見える

・肌が薄く透明感のあるように見える

・顔の印象がはっきりする

・シワなどの色ムラが薄く見える

・肌にツヤが増す

 

いかがでしたか? パーソナルカラーは、自分に似合うタイプを理解することが大事なんです。タイプがわかったら、『パーソナルカラー診断でわかる“似合う秋服”の選び方』をチェックして実践してみてくださいね!

【画像】

※ WEAR

Recommend
検索窓を閉じる