オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【手相占い】金運アップ!儲け話が舞い込んでくるサイン

【手相占い】金運アップ!儲け話が舞い込んでくるサイン

お金は、“稼ぐ”、“貯める”、“運用する”の3つによって増えていくと言われています。また、それらのほかに“舞い込む”という嬉しいきっかけもあるのです。そこで、お金が舞い込むチャンスを逃さないためにも、あなたの手相を見てみましょう。“招福の相”が出ていれば、お金に愛される前触れかも!

出典:NOSH

そこで今回は、“儲け話が舞い込んでくるサイン”についてご紹介いたします。

 

■1:小指の下にくっきりと金運線が出ている…「棚からぼたもち」的な金運に恵まれる

小指のつけ根に3センチ以内でハッキリとした“金運線”が刻まれている相の持ち主は、お金に困ることなく“棚からぼたもち”的なお金に恵まれやすいとされます。クジ運もいいので、何気なく買ったくじなどで臨時収入が入ることも。この相が出ている時は、いつもより積極的にクジを買ってみてもいいかもしれません。

 

■2:薬指の下で太陽線の先端に「星」が出ている…思いがけない儲け話が!

この相が出てきたら、これから急に運がよくなり、あなたに幸せが訪れることを意味しています。通常、“星”は運気が下がることを意味する場合が多いのですが、太陽丘にある“太陽線”の先端に現れる場合は例外。この紋が現れると、急に金運が高まったり、思いがけない昇進に恵まれたりと、ハッピーな出来事が起きる予感が。もし今までツキがなかったとしても、この相が出ていたら積極的になってみるといいでしょう。

 

■3:中指と薬指の間に運命線が向かっている…才能が認められて「おいしい話」が舞い込みそう

中指と薬指の間に向かって伸びる“運命線”は、努力や才能を認められて、世間で注目を浴びることを示すもの。周囲から愛されて、“おいしい話”が舞い込んでくることも。あなたの素直でひたむきな性格が、お金を引き寄せるようです。ただし、「目立ちたい」「見栄を張りたい」という気持ちから、うっかり散財してしまう可能性も……。お金を上手に扱えるようになれば、さらに素敵な話がやってくる予感が。

 

■4:太陽線と希望線が両方出ている…思わぬ臨時収入が転がり込む予感

手のひらから薬指のつけ根に向かう“太陽線”は、周囲からの評価や名声を意味する線。そして、生命線上から人差し指のつけ根に向かってやや斜めに伸びる“希望線”は、夢が叶う前触れであったり、生活が向上したりすることを示します。この両方の線が手に刻まれていると、予想外の臨時収入に恵まれる暗示。さらに“金運線”もあれば、金運に関してはパーフェクトな相と言えるでしょう。

 

“お金はお金を呼ぶ”とよく言われています。これは、“お金はたくさんあるところに集まってくる”ということを意味するもの。そのため、あなたが儲ければ儲けるほど、自然とお金が向こうからやってくるでしょう。だからこそ、「儲けたい!」という意識が大切です。もしかしたらお金って、寂しがり屋なのかもしれませんね。(脇田尚揮/ライター)

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる