オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > いらないなぁ…男性がバレンタインに「もらって困る」プレゼント

いらないなぁ…男性がバレンタインに「もらって困る」プレゼント

出典:https://www.shutterstock.com

本命の男性へは、バレンタインにチョコレートだけではなく、他のプレゼントも一緒に渡したりもするかもしれません。

でも、男性が迷惑に感じるようなモノをあげたりしたら、逆効果になってしまうだけでしょう。

そこで今回は、男性がバレンタインに「もらって困るプレゼント」を紹介します。

 

■「見た目が悪い」手作りチョコレート

「手作りチョコレート」は、定番の本命チョコレートという認識が男性にもあり、もらったらやはりドキッとするもの。「自分のためにわざわざ作ってくれた」という喜びもあるので、男性にあなたの気持ちも伝わりやすいはずです。

でも、どう見てもまずそうだったり、ちょっと汚い感じがする見た目が悪いチョコだった場合、男性もゲンナリしてしまいます。食べる気にはなれないし、かといって捨てるのもなんだか悪い気がする……まさにもらって困るプレゼントです。

 

■「自分の好み」を押しつけてくる

自分が好きなモノや自分がいいと思っているモノは、気になる男性に贈ってあげようと思ったりもしがち。でも、下手をすると、それは「自分の好み」を相手に押しつけているだけになってしまう可能性もあります。

男性に喜んでほしいと思うのであれば、ちゃんと男性の気持ちになって、男性がもらったらうれしいであろうモノを贈るべき。自分中心で考えてしまうと、さすがに自己顕示欲が強すぎて男性からは引かれてしまう可能性もあります。

 

■全く「趣味じゃない」モノ

自分の趣味に全く合わないモノは、もらったところで困ってしまいます。プレゼントしてくれたという気持ちはうれしいのですが、もらった後の対処には頭を悩ませるでしょう。身に付けるモノだったりしたら、もらった手前、付けないわけにもいかないので余計に厄介かも……。

自分の趣味じゃないモノをもらうと、自分のことをわかってもらえていないような気がするし、センスや感性が合わない感じもしてしまいます。そういう女性には親近感が湧きにくいので、好意や恋心も生まれにくいです。

 

■いきなりの「ペアチケット」

バレンタインにチョコと一緒に、映画やライブ、遊園地などのペアチケットを贈るというのは、ひとつの手ではあります。それによってふたりでのデートを申し込んでいるのと同じことなので、一気に距離も縮められるかも。

ただ、それはある程度の親密さが生まれたり、ふたりの関係性がいい雰囲気になっているのであればの話。全くそんな感じではないのに、いきなりペアチケットをもらっても、「この子とデートしなきゃいけないのかな」と男性は困惑するだけ。過程をちゃんと踏まないと重いプレゼントになってしまいます。

 

バレンタインにプレゼントをもらったら、男性だってうれしいはず。ただ、モノによってはマイナスに働いてしまうこともあるので、相手のことを考えて慎重に選ぶことが大事です!

【画像】

※ Romvy/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる