オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 義理じゃないからね!バレンタインデーに「愛」を伝えるモテLINE

義理じゃないからね!バレンタインデーに「愛」を伝えるモテLINE

バレンタインデーには、気になっている男性にチョコをあげて、想いを伝える女性も多いでしょう。さらに、直接渡すだけでなくLINEも駆使することで、より男性をドキッとさせることができるんです。

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、バレンタインデーに“愛を伝えるモテLINE”をご紹介します。

 

■さりげなく「当日」を押さえておく

「14日に食事でもしない?」など、さりげなくバレンタインデー当日に約束をすると、男性をドキドキさせることができるでしょう。「もしかしたら告白でもされるのかな?」なんて、ひそかに期待を抱くかもしれません。

約束をする時のポイントは、あえてバレンタインについて触れないこと。あからさまに「バレンタインデーって空いてる?」というよりも、“たまたま約束した日がバレンタインだった”という方が、当日まで「何かあるかも」とドキドキさせることができるでしょう。

 

■「呼び出しのLINE」を送る

バレンタインデーに女性から呼び出されるのは、男性にとってドキドキする瞬間と言えるでしょう。まるで学生時代のような、甘酸っぱい気持ちになるかもしれません。また、相手の都合を知るためにも、いきなりチョコを渡すより、一度LINEで呼び出してみるといいかも。

お昼休みや仕事のあとなどに、「ちょっとだけ時間もらえる?」「近くにいるから少し会えない?」なんて呼び出しのLINEを送ると、男性もドキドキするはず。ちょっと恥ずかしそうに待っているあなたの姿を見たら、さらに胸キュンしちゃうかも。

 

■「義理じゃないからね」と伝える

チョコを渡しても、それが本命なのか義理なのかは、男性は意外とわからないもの。特に同じ職場などの場合、「義理でくれたんだろう」と思われてしまう可能性があります。

だからこそ、「義理じゃないからね」とLINEで伝えておくことが大切です。男性に本命チョコだと認識してもらえますし、「もしかして俺のこと……」と、ドキドキしてもらえるかもしれません。せっかくの本命チョコが、義理チョコだと思われてしまったら悲しいですよね。本命であることは、それとなく伝えるべきですよ。

 

バレンタインには、LINEも上手に駆使することで、あなたの気持ちがもっと伝わりやすくなるでしょう。ただチョコを渡すだけよりも、男性をドキッとさせることができるはずですよ。

【画像】

※ baranq/shutterstock

Recommend
検索窓を閉じる