オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > 占い > 【手相占い】なぜかいつもお金がない…「浪費家」に現れるサイン

【手相占い】なぜかいつもお金がない…「浪費家」に現れるサイン

お金は湯水のように湧いてくるものではありません。使い方を考えないと、あっという間に枯渇してしまうでしょう。もしあなたに“浪費家の相”が出ていたら、一度お金に関して考え直さないといけないかも……。

出典:NOSH

そこで今回は、“浪費家に現れるサイン”についてご紹介します。

 

■1:感情線が全体的に鎖状…先のことを考えない典型的な浪費家の相

感情線が鎖状になっている相の持ち主は、後先考えずに遊ぶのが大好きで、特に交際費での浪費が激しいタイプ。また、感情線が中指の下で下向きに曲がる手相も、その時の気分に流されやすく、無駄遣いが多いと言われています。頭で考えるより先に直感で動いてしまう傾向があるため、後先考えずに浪費してしまうのでしょう。まずは、何にどれくらい遣うかを把握して、“お金の使い方”をコントロールすることから始めてみて。

 

■2:知能線が生命線に並行して急カーブを描く…お金に興味がなく貯まらない相

知能線が生命線に並行して急カーブを描く手相の持ち主は、お金にあまり関心がないタイプ。物質的なことよりも精神的なことを大切にする性格と言えます。また、面倒なことが苦手で、なかなかお金が貯まりにくいかもしれません。無理に働くと、その分ストレス解消にお金を遣ってしまうかも……。お金の大切さや価値を知るためにも、家計簿をつけてみるといいでしょう。

 

■3:「金運線」が切れ切れか曲がりくねっている…いらない物に出費しお金が底をつく相

小指のつけ根に出る“金運線”が切れ切れだったりクネクネ曲がっていたりするのは、“浪費が加速していく”暗示です。無駄遣いが増えたり、金銭的なトラブルがあったりするかもしれません。特に、金運線の先端に“十字紋”があると、近いうちに大きな損害や予期せぬ大出費を受けることを意味します。そのため、本当に欲しいもの以外には極力お金を遣わないようにしましょう。

 

■4:「金運線」を「障害線」が遮る…浪費がかさんで手が回らなくなる相

“金運線”がハッキリと強く出ていても、先端を遮る横線“障害線”が出ていたら、金運が下がってしまう暗示です。また、数本の障害線が横切る場合も同様の暗示と言えます。浪費がかさんだり、失業したりするなど思わぬ出費を被る恐れが。ただし、障害線が人差し指と中指にかけて出る“金星帯(エロス線)”や“結婚線”の場合は、特に金運に影響はないでしょう。

 

金銭感覚は日常生活だけでなく、人間関係にも大きな影響をおよぼすもの。金銭感覚の違いや金銭トラブルが原因で、別れを選ぶ男女は少なくありません。大切な彼とずっと幸せでいるためにも、これらのサインが表れている時はお金の問題に気をつけましょう。“お金の切れ目が縁の切れ目”というくらいですからね。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる