オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Life > お仕事 > 教えて!きらきら輝く美人広報のバレンタイン対策♡

教えて!きらきら輝く美人広報のバレンタイン対策♡

自分らしくイキイキと働く、美人広報のリアルなライフスタイルをフューチャー。今回は、フリーランスのPRプランナーとして活躍する、坂口ひとみさんにお話を聞きました。


出典:NOSH

年に一度のチョコレートの祭典・バレンタインデー間近ということで、社内で配るチョコレート選びのポイントや、お気に入りのチョコレートショップを教えてもらいました。

 

■「いろいろな人と関わるのでチョコは公平に配ります」

編集部:バレンタインで、社内の人に配るチョコレートはなにがいいのか悩んでいる方も多いと思います。上司や同僚に贈るチョコレート選びのポイントはなんですか?

坂口ひとみさん(以下、坂口):広報の仕事柄、いろいろな部署の人と関わるので、ピークのときは30個くらい配っていました。気を付けていたことは、役職に応じて公平に配ること。あと、結婚されている方は、ご自宅で食べる可能性が高いので、奥さまやお子さまが喜びそうなパッケージのものを選んだりしていました。お子さまも食べられるように、お酒入りのチョコレートは選ばないよう気を付けたりして、自分なりに工夫していましたね。

 

■世界のカカオを味わえる♡「green bean to bar CHOCOLATE」がお気に入り

編集部:広報という仕事柄、さまざまなお店に行く機会も多いと思います。そんな坂口さんお気に入りのチョコレートショップを教えてください。


出典:NOSH

坂口:目黒区にある『green bean to bar CHOCOLATE』がおすすめです。一見、普通のチョコレートなんですが、ブラジルやベトナムなど、世界各国のカカオを使ったチョコレートがあって、種類豊富。パッケージも国によって変わっていて、とってもおしゃれなんです。ほかにもボンボンショコラやケーキが売っていて、なにを食べても本当においしい!ちなみに私はドリンクのホットチョコレートがお気に入り♡NOSH読者のみなさんにも、ぜひ食べてみてほしいです。

 

今回、自分らしくイキイキと働く坂口さんに話を聞きました。筆者自身、社内の人へのバレンタインは悩みどころなので、実体験をお伺いできて、とても参考になりました。坂口さんおすすめのお店も、ぜひ行ってみたいですね♡

【Profile】

坂口ひとみさん。2009年に異業種からIT企業である『株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ』に入社し広報担当に。2016年に同社を退職後も、IT企業を中心にフリーランスPRとして活動。『Fintech』『AI』『IoT』など、さまざまなサービスのPRを担当している。

Recommend
検索窓を閉じる