オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ミスった…!ゲス男が「セフレ女」にうっかり誤爆した本音LINE

ミスった…!ゲス男が「セフレ女」にうっかり誤爆した本音LINE

“セフレ”なんてポジションは望んでいなかったのに、カレの誘惑に負けてズルズルと関係を続けてしまった経験はありませんか?

「それでも、もしかしたら付き合えるかもしれないし……」

そんなふうに思っていたのに、カレの本音を知ってショックを受けてしまうケースは少なくないようです。

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、20~30代独身男性が“うっかり誤爆してしまったセフレへの本音LINE”をご紹介します。

 

■「付き合うとか、マジでないから」

「友達にセフレと一緒にいるところを目撃されて、“彼女?”“付き合っちゃえばいいのに”って冷やかしLINEが来たから“マジで付き合うとか絶対にないから”と否定したつもりが、うっかりセフレに誤送信していた。すぐに削除したけど、もうアウトだったね。」(28歳/メーカー)

たとえ“セフレ”だと自覚していても、やっぱりどこかで「もしかしたら本気の恋に発展するかも……」と期待してしまうもの。だから「付き合うことは絶対にない」「本命にはできない」とあらたまって言われると、ショックですよね。

しかし、これが男の本音のようです。本当の幸せを手に入れたければ、今すぐ都合のいい女を卒業しましょう。カラダでつなぎ止めておくような恋とサヨナラすれば、本気の恋が舞い込んでくるはずです。

 

■「終わり次第、連絡するわー」

「したいと思ったときに連絡して、用が済んだらすぐに帰れるのがセフレのいいところ。だから、友達と約束している時間までにエッチを終わらせて行くことも結構あるんだよね。これは友達に送るつもりだったLINEを、一緒にいたセフレに送ってしまったパターン。もう笑って誤魔化すしかなかった。」(29歳/IT)

一緒にいるセフレにLINEをしてしまうなんて、最悪のパターン。しかも“イキ次第”と表現してしまうなんて、もう誤魔化しようがありませんよね。ちなみにこの男性は「どうせ私はあなたの性欲を解消するための女ですよね」と嫌味を言われて、それっきりの関係になってしまったそうですが……。

 

■「付き合おうってしつこくてさ」

「女って付き合うと、いろいろと面倒でしょ?だから“好きだよ”“愛してるよ”って本気にさせながら、セフレでキープするのが一番都合がいいんだけど、たいていは“私たち、どういう関係なの?”“付き合っているんだよね?”ってしつこいんだよね。友人へ愚痴LINEをうっかり誤爆してしまうほど……。」(30歳/保険)

面倒くさがりな男性にとっては、彼女よりもセフレの方が都合がいいもの。カラダの関係を維持するために、調子のいいことを口走っている男性は少なくありません。「私たちって付き合っているの?」と聞いたとき、曖昧な返事が返ってきたり、困った素振りが見られたりしたら要注意! 陰で「付き合おうってしつこくてさ」と愚痴を言われているかもしれません。

 

とにかく酷すぎる“ゲス男”の誤爆LINE。こんなメッセージを受け取ったあとも関係を続けるべきなのか……。あなたのご判断にお任せします。

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

【画像】

※ YoloStock/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる