オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 最高のおもてなし!男性を「イライラさせない」LINEでの小さな気遣い

最高のおもてなし!男性を「イライラさせない」LINEでの小さな気遣い

出典:https://www.shutterstock.com

男性と女性では、LINEに対する考え方や使い方が大きく違うことがあります。

だからこそ、男性の気持ちを考えずにLINEを送ってしまい、イラッとさせてしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、男性をイライラさせないLINEでの“小さな気遣い”を紹介します。

 

■早めに「切り上げる」

男性は女性とは違い、LINEでダラダラと長話をするのが大の苦手です。だからこそ、いつまでも終わる気配がなく、延々と話しかけ続けてくる女性に対しては、次第にイライラや嫌悪感を抱くようになる可能性も高いです。

きちんと用件が伝えられたり、話がひと盛り上がりしたのであれば、もうそこで終わりにしてあげるといいかも。早めに切り上げてくれると鬱陶しさは一切ないですし、ちょっと物足りなさがあるくらいの方が、“また話したいな”と思ってもらえたりするものですよ。

 

■基本的には「連絡ツール」で使う

コミュニケーションツールとしてLINEを活用している女性が多いですが、男性は連絡ツールとして捉えています。なので、特に用件や連絡事項もないのにLINEが送られてくると、“何が言いたいんだよ!?”とイラッとしてしまうもの。

気になる男性とは、いつでも話していたいという気持ちにもなるでしょうが、基本的にはLINEは用件があるときに送るべきです。意味もなく無駄に送りまくったりすると確実に嫌われますし、距離だって置かれるようになってしまいかねませんよ。

 

■ちゃんと「時間帯」を考える

男性にLINEをするときに、最も気遣いを見せなければいけないのが時間帯です。ちゃんと時間を考えて送ることができないと、“思いやりや気配りに欠ける”、“自分のことしか考えていない女性”だと思われてしまうでしょう。

男性が明らかに仕事中の時間帯や、もう寝ているであろう深夜にいくつもメッセージを送ったりするのは、ただただ迷惑なだけ。自分の話したいという気持ちばかりを先走らせてしまうと、どんどん嫌われていく一方になってしまいますよ。

 

■「後回し」にはしない

LINEを送ってもなかなか返事がこないことが多いと、当然ながら男性はかなりイライラするし、自分が軽く扱われているような印象も受けます。しかも、送ったLINEが大事な用件だった場合は、そのイライラ度もさらに大きくなることでしょう。

気を引くためにあえてすぐには返信をしないようにしたり、ちょっと後回しにしたりする女性もいるかもしれませんが、それはあまり効果的な方法とは言えません。返せるのならすぐに返した方が、男性もストレスを感じませんし、気軽にLINEを送れるようにもなるはず。

 

LINEでもちゃんと気遣いをみせることができる女性は、男性からの印象も確実によくなるはずです。鬱陶しいLINEになったりもしないので、“また話したい”とも思ってもらえることでしょう。

【画像】

※ Look Studio/shutterstock

Recommend
検索窓を閉じる