オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【動画】二階堂ふみ&吉沢亮、ベルリン映画祭の思い出を語る

【動画】二階堂ふみ&吉沢亮、ベルリン映画祭の思い出を語る

2月18日、映画『リバーズ・エッジ』の公開記念舞台挨拶が都内で行われ、女優の二階堂ふみさん、俳優の吉沢亮さんらが登壇しました。

『リバーズ・エッジ』は1993年から1994年にかけて雑誌『CUTiE』で連載された岡崎京子さんの同名コミックを実写映画化した青春ドラマ。欲望と不安の中で生きる若者たちの青春を描いています。

本作は、『第68回ベルリン国際映画祭』のパノラマ部門オープニング作品として出品され、2人は17日に帰国したばかり。

二階堂さんにとっては初のベルリン、吉沢さんにいたっては、初の映画祭参加となりました。

二階堂さんは「この映画でベルリン国際映画祭に参加することができて、幸せを感じながらレッドカーペットを歩きました」と充実の表情。

吉沢さんは「もっと敷居の高い感じだと思っていたのですが、お祭りというか、みんな楽しそうにワイワイやっているのがいいなと思いました。これだけ映画好きが集まる場ってなかなかない」と興奮冷めやらぬ様子。

また、ベルリンでの観客の反応も新鮮だったようで、「“あ、そこで笑うんだ”みたいなところで結構笑いが起きたりして、それは面白い発見でしたね」と振り返りました。

Recommend
検索窓を閉じる