オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > めんどい!男性がつい「未読スルー」をしてしまう時

めんどい!男性がつい「未読スルー」をしてしまう時

気になる男性にLINEを“未読スルー”をされると、「忙しいのかな?」「嫌われたのかも……」など、色々と考えては不安になってしまいますよね。

実際のところ、男性が“未読スルー”をするときの心境はどういったものなのでしょうか。

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男性がつい“未読スルー”をしてしまうときについて、男性ライターの筆者が男性目線でご紹介します。

 

■忙しくて「それどころではない」とき

男性は、仕事が忙しいときや大切な仕事に取り組んでいるときは、「それどころではない」とLINEを無視してしまうことが多いようです。

そもそも、男性が明らかに仕事をしているであろう時間には、余程の急用でもない限り、あまりLINEを送らない方がいいでしょう。相手の状況を考えずに何度もメッセージを送ってしまうと、“自分のことしか考えていない女性”だと思われてしまうかもしれません。

 

■「面倒な相手」だと思われているとき

LINEでいつまでもダラダラと話し続けたり、返事が返ってこないと何度も催促したりする女性は、男性から「面倒かも」と思われてしまう可能性があります。また、そうした相手には、つい“未読スルー”をしてしまうようです。

面倒な相手や興味がない相手には、どうしても「返信しよう」という気持ちが薄れてしまうもの。まずは、面倒だと思われるような行動を取らないよう心がけましょう。

 

■返信するのを「忘れている」とき

LINEが届いてからすぐに返信せず、「あとで返そう」と思う男性もいるようです。そして、そのまま返信することを忘れてしまい、結果的に“未読スルー”になってしまうことも。

もしずっと返信がない場合は、「さっきは忙しいときにLINEしちゃってごめんね」などとメッセージを送ってみると、男性も忘れていたことに気付くかも。間違っても返信がないことを責めたり、返信を催促するようなメッセージを送ったりするのはNGですよ。

 

■軽い「駆け引き」をしているとき

男性の中には、相手に「もしかして、いま暇なのかな?」と思われることを嫌い、あえて返信まで時間を置く人もいるようです。

また、気になる女性からのLINEには、軽い駆け引きのつもりであえてすぐには返信せず、ちょっと焦らすことも。いずれにせよ、自分をよくみせようとして、“未読スルー”をしてしまうことがあるようです。女性としてはもどかしい気持ちになるかもしれませんが、男性の心情を理解して、待つことができるといいですね。

 

そもそも男性は、LINEでこまめにやり取りするのが苦手な人が多いもの。悪気はなくても“未読スルー”をしてしまうことがあるでしょう。そこで怒ったり催促したりせず、男性のペースにうまく合わせてあげると、好印象を与えられるかもしれませんよ。

【画像】

※ Nelli Syrotynska/shutterstock

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる