オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【手相占い】短い生命線…「短気な人」が持っている相

【手相占い】短い生命線…「短気な人」が持っている相

ちょっとしたことですぐに怒ったり、さっきまで大人しかったのに急にキレだしたり……。あなたの周りに、そんな短気な人はいませんか? もし付き合っている彼氏が短気だとしたら、万が一の事態にも発展しかねません。そうならないためにも、相手の手相を事前にチェックしておきましょう。

出典:NOSH

そこで今回は、占い師の筆者が“短気な人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:短い生命線&しっかりした運命線…短気で自信家のため敵をつくりやすい相

生命線が手のひらの真ん中あたりで終わっていて、その近くに運命線がしっかりと刻まれている手相は、運命線が生命線の短さをカバーしている相。この手相の持ち主は、短気で自信家な性格だと言えます。自分の意思をなかなか曲げないため、上手くいけば力を存分に発揮できますが、その反面、敵を作りやすい一面も。時には引くことを覚えないと、孤立してしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

■2:生命線の起点の下に短い横線がある…気が小さくヒステリーを起こしやすい相

生命線の起点の下、“第一火星丘”に短い横線が出ている手相の持ち主は、気が小さく、細かいことが必要以上に気になってしまう性格だと言えます。場合によっては、ヒステリックを起こしてしまうことも。特に“他人からの評価”に敏感で、落ち込んだと思ったら急に怒りだすなど、精神が不安定になりがちに。ただ、几帳面で職人気質なので、それを活かした仕事に就くと本来の力を発揮できそうです。

 

■3:短い生命線&手首の中央から出る運命線…精神的な強さと気性の激しさを持ち合わせた相

短い生命線だけを見ると“生命力が弱い”と判断されがちですが、この手相の場合、手首の中央から伸びる運命線がそれを補うため、“健康的で長生きする相”だと言えるでしょう。この手相の持ち主は、親の恩恵を受けて育ちますが、それに甘えることなく努力して、いずれは自分の力を発揮できる芯の強さがあります。ただ、気性が激しくちょっとしたことで頭に血がのぼるところが。気長にならないと、どこかで損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

■4:結婚線が「金星帯」の内側に入り込んでいる…嫉妬や不満に捉われやすい相

感情線の上部に現れる弓形の線は“金星帯”と呼ばれ、“性的魅力”を表す相です。この金星帯の内側まで結婚線が入り込んでいるのは、感情に支配されやすい性格であることを意味します。嫉妬心が強くヒステリーを起こしたり、相手に対していつもグチグチと不満をぶつけたりと、気難しく短気な一面が。また、知能線や感情線に勢いがなく、切れ切れになっていると恋愛や結婚が上手くいかない可能性大。

 

短気な人というのは、育ってきた家庭環境や先天的な要素も強く、自分の感情を自分でもコントロールできていないことが多いようです。そのため、突然怒りだしたときは、いったん怒りを吐きださせてクールダウンさせるようにしましょう。言いたいことを言い尽くせば、そのうちしおらしくなるはずですよ。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる