オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > アブナイ状態?彼氏の気持ちが「離れつつあるとき」のサイン

アブナイ状態?彼氏の気持ちが「離れつつあるとき」のサイン

出典:https://www.shutterstock.com

彼女に対しての気持ちが冷め始めているときは、それが態度や言動にも表れるもの。

それをちゃんと察知して、早急に改善したりしないと、そのまま別れへと向かって行ってしまうだけかもしれません。

そこで今回は、彼氏の気持ちが“離れつつあるとき”のサインを紹介します。

 

■「会話」が全く続かない

会話が全く盛り上がらなかったり、続かないことが多くなったら、彼氏の中ではそもそもあなたと会話を楽しもうという気持ちが薄れていっているのかも。特に、会話を続けようという意思が見えないのであれば、その可能性はより高くなるでしょう。

ただ、こういった場合、彼女の方が一方的に話をし続けることが多かったりすることが原因になっているケースもあります。自分の話ばかりをするのではなく、ちゃんと彼氏の話にも耳を傾けて、彼氏に話をたくさんさせるようにすると、状況も少しずつ変わってくるはずですよ。

 

■いつも「忙しい」で逃げられる

彼女と会うのが面倒に感じられてくると、とりあえず忙しいのを理由にして会うことを避けたりすることもあるでしょう。忙しいからと、デートの回数が減ってきたり、ドタキャンされたりすることが増えたりしたら、気持ちが離れていくことも……。

でも、こういったときに、「どうして会ってくれないの?」とか「少しくらい会えるでしょ?」なんて問い詰めるようなことをするのは逆効果です。どんどん重く鬱陶しく感じられるようになり、より一層気持ちも冷めていくだけ。「無理しすぎないでね」と忙しい彼氏を労ってあげるようにすることが、一番大事なことでしょう。

 

■「不機嫌」であることが多い

あなたと一緒にいるときに、彼氏があまり楽しそうではなかったり、何となく不機嫌に見えることが多いのであれば、気持ちが離れている証拠かも。どうしても気分が盛り上がれず、素っ気なく冷たい態度になってしまうのでしょう。

こういうときは、ちょっとお互いにひとりの時間を持ってみることも大事かもしれません。いつでもふたりでいるのが当たり前になると、さすがに飽きが生じてしまったりもするもの。新鮮さや刺激を取り戻すためにも、一緒にいない時間が少しくらいはあった方がいいですよ。

 

■「ケンカ」を避けようとする

ケンカが多いカップルはうまくいっていないと感じるでしょうが、ケンカにすらならなくなったときの方が、もっと危険かもしれません。「別にもうどうでもいいや」という気持ちが、彼氏の中に芽生えてしまっている可能性も高いです。

ケンカをしてぶつかり合うことで、色んな部分を改善したり、より関係性を良くしようとしたりもするもの。でも、気持ちが冷めると、そういった思いも薄れていくので、とにかくケンカを避けて面倒なことにならないようにするのでしょう。こういう状況になってしまった場合は、そのまま放置せずに、一度ちゃんとふたりで話し合う時間を持った方がいいでしょう。

 

今回紹介したような言動が彼氏に見られるようになったら、ちょっと危険な状態であるかもしれません。

そのままにしておくと、彼氏の気持ちがどんどん離れていく一方になる可能性もあるので、ちゃんと対処をすることも大事ですよ。

【画像】

※ Hrecheniuk Oleksii/Shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる