オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 横浜流星に単独インタビュー!「役が身体になじんでくる」変化を語る

横浜流星に単独インタビュー!「役が身体になじんでくる」変化を語る


出典:NOSH

やわらかな物腰や表情を持ちながら、筋肉隆々の素敵な肉体にも心を奪われる俳優の横浜流星さん。

最新出演作『しろときいろ ~ハワイと私のパンケーキ物語~』では、世界的人気のパンケーキ店のオーナーになることを決意する澤野夏海(川口春奈さん)の幼馴染・光山涼介を演じます。

出典:NOSH

NOSHでは、横浜さんに撮影時のエピソードにくわえて、役作りに対する熱意などを単独インタビューしてきました!

出典:NOSH

Q:本作の舞台は湘南とハワイですが、残念ながら横浜さんはハワイには行かれていないそうで。

横浜流星(以下、横浜):そうなんですよ!行っている皆さんを「いいなあ」と思って、現場ではずっと「行きたいなあ~、楽しそうだな~」と言っていました(笑)。

Q:過去ハワイに行かれたことは、ありますか?

横浜:海外自体、僕は高校の修学旅行でしか行ったことがないんです。それがハワイでした!けど、グループ行動だったので、がっつり「行った!」という感じがしていないので、また行ってみたいです。夏海がオーナーになることを目指す『Eggs’ n Things』にも行ったことがなくて。

Q:日本の店舗も行かれたことはなかったんですか?

横浜:なかったです。元々甘いものをそこまで好んで食べないのもあって。けど、今回撮影で食べたときに「おいしい……!」と感動しました。生クリームがめちゃくちゃボンと乗っていますけど、甘ったるい感じではないので、がっつり食べちゃいました。量は多いですけどね(笑)。

出典:NOSH

Q:横浜さん的に、涼介をどのような人物だと受け止めて、何を大事に演じられていましたか?

横浜:最初に台本を読んだときは、素直に男として格好いいなと思いました。不器用なんですけど、自分のことより相手のことを考えるというか。自分より相手を優先できる人って、なかなかいないじゃないですか?やはり心のどこかで「自分、自分」と思ってしまうところがあるだろうから。けど、涼介は夏海のことを自分のことのように応援したり、影で見守ることができたりする男なので、男としてすごいなと思いました。演じる上では、夏海に対して「好き」という気持ちはあるんだけど、そこを押し殺すところは意識しました。

Q:押し殺すような演技は難しそうです。

横浜:難しかったですね。自分もなかなか相手のことを優先して、誰かのために応援するのは共感ではないですけど、すごく意識しました。

Q:共感、ではなかったんですね。

横浜:涼介を演じていて、最初、共感はできなかったんです。けど、やっていくうちに涼介が自分の身体になじんできて、「こういう気持ちか」とわかる部分が出てきました。段々と、なんですけど。

Q:役との向き合い方や掴み方は、昔からずっと今のような感じなんですか?

横浜:最初のほうは、台本を読んで、台詞を覚えて、監督の演出をそのままやることに必死で、そこまで考えられていなかったかもしれません。『烈車戦隊トッキュウジャー』が終わって、『オオカミ少女と黒王子』に出演したとき、廣木監督にいろいろ指導していただいたんです。「普段、そうやって言わないでしょ?」と話し方を指摘され、教えていただきました。自分でも「確かに」と納得したので、そこから徐々にいろいろな仕事をさせてもらう中で、意識していくように変化しました。

出典:NOSH

Q:主演の川口さんとは初共演でしたが、ご一緒していかがでしたか?

横浜:まず「大人っぽい」と思いました。僕よりひとつ年上ですけど、内面的に大人の女性という印象で。僕は積極的に話しかけるタイプではないし、春奈ちゃんも同じような感じだったので、最初は普通に「お願いします」という(たどたどしい)感じだったんですけど、徐々にコミュニケーションも取れるようになって。春奈ちゃんは『ニコラ』のモデルをされていて、僕もメンズモデルをしていたので、少し『ニコラ』の話をしたりもしましたね。

出典:(c)JOKER FILMS INC.

Q:1話の最初から幼馴染の空気感や近しい感じはすごく出ていましたが。

横浜:本当ですか!うれしいです。春奈ちゃんが夏海として、役として存在してくれたので、自分も涼介としていられたから、何を話すでもなく自然とすんなり幼馴染の関係性が出せたのかもしれません。(取材・文:赤山恭子、写真:長井太一)

☆後半はこちら

出典:NOSH

各話約15分、全25話『しろときいろ ~ハワイと私のパンケーキ物語~』は、Amazonプライム・ビデオにて配信中。

 

■横浜流星さんのサイン入りチェキをプレゼント

NOSHでは、横浜流星さんのサイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします。

出典:NOSH

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォロー&以下投稿をリツイートしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2018年3月14日~2018年3月21日まで

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる