オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 知念侑李と中川大志が“坂道ロス”「本当に寂しかった」

知念侑李と中川大志が“坂道ロス”「本当に寂しかった」

出典:NOSH

知念侑李さんと中川大志さんが、“ロスッた”そうです。なにロスよ!?

それは10日に都内で行われた映画『坂道のアポロン』公開初日舞台挨拶でのこと。

主演の知念侑李さん、共演の中川大志さん、小松菜奈さん、ディーン・フジオカさん、中村梅雀さん、真野恵里菜さん、松村北斗さん、三木孝浩監督も参加しました。

『坂道のアポロン』は、孤独な⻘年・薫(知念さん)が、転校先の⾼校で⼀⽣ものの友情と恋、そして⾳楽と出会ったことから、自らの⼈⽣を切り開いていく青春ムービーです。

映画単独初主演となる知念さんは「単独初主演ということで、とんでもなく緊張しています。一週間前くらいからソワソワして、寝る時間も減っていった。ドキドキワクワクでいっぱいです」と緊張気味に照れながら挨拶し「初単独主演作で、不安とプレッシャーの中で撮影に挑んだ作品ですが、皆さんがとても暖かく、ほかでは経験できないような映画になりました」と充実した表情。

知念さんが本作を「一生ものの映画」というと、劇中でドラムを担当した中川さんも「クランクアップした後にロスになったよね。撮影後に一緒に焼き肉に行ったときもドラムスティックを持って、食事の後にスタジオに入ったくらい」と、映画撮影終了後の知念さんとの交流を告白しました。

それに知念さんも「撮影時の思い出がロスになって……毎日撮影時の思い出の写真を見ながら寝ていました。撮影が終わったときは本当に寂しかった」と思い入れを口にしていました。

『坂道のアポロン』は、3月10日(土)より公開中です!

Recommend
検索窓を閉じる