オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 人肌に近い感触!? 全く新しい“漆器”をつくる新ブランドがお目見え

人肌に近い感触!? 全く新しい“漆器”をつくる新ブランドがお目見え

デザイン、木地作りから漆塗りまで一貫して手掛ける『輪島キリモト』。輪島塗は、石川県輪島市で生産される優美さと丈夫さを兼ね揃えた漆器で、日本を代表する伝統工芸です。さらに、“漆”は人の肌にとても近い塗料と言われていて、“手触りや口当たり”に優れているとされています。


出典:PR TIMES

今回『輪島キリモト』は、世界で活躍する新鋭のクリエイターの感性と、これまで培ってきた伝統技術を組み合わせることで、“漆”という素材を改めて捉え直した新ブランド『IKI –by KOHEI KIRIMOTO』を発足しました。


出典:PR TIMES

ブランドディレクターを務めるのは、『輪島キリモト』代表・桐本泰一さんの実の息子である、桐本滉平さん。さらに、現代のクリエイターを代表して、The Breakthrough CompanyGOの三浦崇宏さん、QUANTUMの井上裕太さん、TBWA\HAKUHODOの徳野佑樹さんなど、錚々たる面々が本ブランドに参画しています。


出典:PR TIMES

そしてブランドの初お披露目&商品の販売を、3月13日までの期間限定で『伊勢丹新宿店』にて行なっています。

『IKI –by KOHEI KIRIMOTO』第一弾のプロダクトとして、“漆”が自ら呼吸する、生きている素材であること、そしてその感触が人間の肌に近いという特性を最大限活用した『ヒトハダに一番近いコップ』、『ヒトハダに一番近いお椀』、『ヒトハダに一番近いボウル』、『ヒトハダに一番近いお皿 大』、『ヒトハダに一番近いお皿 小』の5つを開発。『伊勢丹新宿店』にて初の販売を行い、今後本格的な展開を予定しているとのこと。

古くから続く日本の伝統工芸と、現代のクリエイターの感性が融合された新ブランドをお見逃しなく。

【お店情報】

※ 場所:伊勢丹新宿店 本館5階センターパーク/ザ・ステージ#5

※ 期間:2018年3月7日(水)〜2018年3月13日(火)10:30〜20:00

【参考】

※ 1700年代より続く、輪島塗の老舗「輪島キリモト」が“漆”を活用した新しいプロダクトブランド『IKI –by KOHEI KIRIMOTO』をスタート – 輪島キリモト

Recommend
検索窓を閉じる