オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 大野拓朗、一発ギャグでイケメン・セキメン「体が痒い」

大野拓朗、一発ギャグでイケメン・セキメン「体が痒い」

出典:NOSH

元気俳優・大野拓朗さんの座長ぶりに、各方面から大絶賛の声!

それは12日に都内で行われた、映画『台湾より愛をこめて』(3月24日公開)完成報告会見でのこと。共演の落合モトキさん、岡本夏美さん、三原慧悟監督も参加しました。

売れないお笑い芸人・雄介役の大野さんは「撮影は短い期間で行われましたが、どうすれば面白くなるか、寝る間を惜しんで毎晩考えました。現場では色々な案を出して、観客の皆さんを一生懸命に楽しませようと、台湾に感謝を伝えようと思いながらの撮影でした。だからこそ公開も待ち遠しい」と公開を前にドキドキワクワクの心境。

台湾では超有名なユーチューバーでもある三原監督は「自分で企画書を出して約3年。“やっと公開できる”という嬉しい気持ちでいっぱい。色々なことを感じてもらって、台湾に遊びに来てくれたら嬉しい」とアピールし、主演の大野さんについては「大野さんは気遣いのできるイケメン。本来ならばこちらが気を遣わなければいけないのに、大野さんの方から気を遣ってくれて、疲れた顔も嫌な顔もしない。素敵なリーダーだった」と太鼓判を押しました。

これに岡本さんも「大野さんは凄くカッコいい……お兄さんだと思った」と褒めながら、大野さんが劇中で披露した一発ギャグをおねだり。「これはやらなければダメでしょう!」と、大野さんは“ジャンケンからの仲良し”という内容のギャグをハイテンションで披露。しかし、すぐ我に返ると「なんだか体が痒くなってきた~!」と脇汗ダラダラで赤面していました。

『台湾より愛をこめて』は、3月24日(土)より新宿シネマカリテほか順次公開です!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる