オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 妻夫木聡、念願のドラマ化企画実現に「夢みたい」

妻夫木聡、念願のドラマ化企画実現に「夢みたい」

出典:NOSH

永遠の爽やかイケメン実力派俳優の妻夫木聡さんが、喜色満面夢のようでした。

それは12日に都内で行われた、WOWOW『連続ドラマW イノセント・デイズ』(3月18日午後10:00スタート)の第1話完成試写会でのこと。竹内結子さん、新井浩文さん、芳根京子さん、石川慶監督、原作者の早見和真氏も参加しました。

原作小説に惚れ込んだ妻夫木さんが、今回のドラマ化の立案者。映画化企画が頓挫したとの情報を得た妻夫木さんが、直接原作者の早見氏に電話をかけて「僕に預けてください」と直談判したことから、生まれた作品です。

ゆえに妻夫木さんは「感無量です。こんな形になるなんて。願っていたから早見さんに電話したわけですけれど、ドラマが完成したことで改めて形になったんだと。夢みたい。いまだに実感がわかない。夢の中にまだいるのではないかという気持ちです」と深い思い入れを吐露。

原作の映像化権獲得にあたっては「原作を読んだときに、映画ではなくドラマでじっくり描いた方が面白いと思って、映画化頓挫の噂を聞いてすぐに早見さんに電話した。ハイエナみたいに横取りした感じですが」と笑わせるも、本作への愛を感じさせるエピソードです。

20代の頃からの知り合いという竹内さんについては「結子ちゃんが出てくれると聞いたときは嬉しかった。“この作品は勝ったな”という気持ちがあった。昔から信頼している方であり、甘えさせてくれる方なので安心して、撮影前なのに完成したような心持ちになった」と全幅の信頼。

そんな竹内さんは、妻夫木さんが「お互い歳をとったね」とシミジミすると、すかさず「歳は“重ねた”と言おう。積み重ねていくものですから」と姉御肌的にピシャリ。妻夫木さんは「こうやって上手いんですよ、お話も」と惚れ惚れしていました。

『連続ドラマW イノセント・デイズ』は、3月18日(日)から放送スタートです。

Recommend
検索窓を閉じる