オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > やっちまった…「二股男」がLINEで誤爆した衝撃写真

やっちまった…「二股男」がLINEで誤爆した衝撃写真

あなたは彼氏の浮気をどこまで見逃すことができますか?

「1回だけなら、許してあげられるかも。」

「見えないところで浮気される分には構わない。」

「心の浮気をされたらアウトかな。」

そうはいっても、やっぱり大好きな人に裏切られたショックは計り知れませんよね。特に、浮気の証拠を目の前にしたら……!

出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、たった1度でも見逃せない! サイテー二股男がLINEで誤爆した衝撃写真エピソードをご紹介します。

 

■「今日は楽しかったね」と浮気相手に送ったつもりが…

「デートを終えて家に帰る途中、“今日は楽しかったね”とお礼のメッセージと一緒に、ツーショットの記念写真も送信!次の約束をしようとウキウキしていたのに、なかなか返信がないからまさか……と思って宛先を確認したら、本命彼女に誤爆していたことがある。もちろん写真付きだから、誤魔化せなくて本命とは別れてしまったけどね。」(26歳/メーカー)

デートの日ではないのに、彼氏から「今日は楽しかったよ」と誤爆LINEが送られてきただけでも気が気ではないのに、浮気相手との楽しげな写真まで誤送されてきたら……。「これは現実なの?」と一瞬我が目を疑ってしまいますよね。

言葉だけならまだしも、写真付きとなれば逃れようのない浮気。今回の男性は、何度頭を下げて謝罪をしても、彼女に許してもらえなかったそうですよ。

 

■待ち合わせ場所の地図を送るつもりが…

「彼女とプチ旅行へ出かける約束をしていたとき、待ち合わせ場所が分かりにくいっていうから地図を送ってあげようと思ったら、うっかり浮気相手とのベッド写真を添付してしまったことがある。まだ誤爆送信を削除できない時代だったから、もう苦笑いするしかなかったよね。」(29歳/金融)

浮気相手への誤爆LINEがこんなところでも! 地図やチケットの詳細など、デートに必要な情報をシェアしようと思ったら、うっかり変な画像を送ってしまった男性は意外と多いことが判明!

“浮気相手との情事”は最悪のケースですが、ほかにも“浮気相手とのデート写真”や“浮気相手の自撮り写メ”などを誤爆してしまうケースも……。1分1秒を争うものでなければ、よく確認してから送信してもらいたいものですね。

 

■同棲中の彼女に「今日は遅くなりそう」と送った直後…

「結婚を考えていた彼女と同棲生活していたとき。仕事終わりにデートしてから帰るつもりで、本命彼女に“今日は残業が長引きそうだから、先に寝ていてね”とLINE。でも、何を焦ったのか浮気相手に送るつもりだった“今から行くね”と、大きなハートのスタンプと自撮りキス顔写真まで誤爆してしまった。もちろん同棲は解消されて、結婚話は白紙に戻ってしまった。」(31歳/IT)

「先に寝ていてね」「ごめんね」の気遣いができる優しい男性がやらかしてしまった、最悪の誤爆LINE。器用なタイプではないからこそ、注意力が欠けてしまったのかもしれませんね。

デートをキャンセルしておきながら浮気相手と密会していたショックと、ハートマークやキス顔を送って浮気相手に心まで完全に奪われてしまったショック。結婚を約束している相手だからこそ、ダブルの衝撃には耐えられなかったのかも……。

 

二股は決して許せない行為ですが、その後の関係をどうするかはあなた次第。こんなメッセージを受け取ったあとも関係を続けるべきなのか……。あなたのご判断にお任せします。

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

【画像】

※ sakkarin sapu/shutterstock

Recommend
検索窓を閉じる