オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」第9話あらすじ

「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」第9話あらすじ

深山、最後の戦い! 司法の高き壁に挑む!

最終回は2時間スペシャル! “開かずの扉”再審請求を通し、無実を証明することができるのか!?

 

■第9話のあらすじ

出典:(c)TBS

ある日、深山(松本潤さん)らの元へ久世亮平(中島裕翔さん)と祖母・トキ子(茅島成美さん)が弁護の依頼にやってきました。依頼内容は、父であり被告人の久世貴弘(小林隆さん)が既に死刑判決を受けた8年前の建造物放火及び殺人事件。亮平とトキ子はどうしても久世の犯行だとは思えないのだといいます。

母親を殺害された被害者でありながら、犯人の息子として世間から疎外されてきた亮平の心中を察する斑目法律事務所のメンバーたち。しかし、依頼を受けることは“再審請求”が必要になることを意味していました。

再審請求はいわば「開かずの扉」であり、戦後70年の中で死刑または無期懲役の判決が出た後、再審請求が通り無罪を勝ち取ったのはわずかに9件しかない極めて困難な事例。

しかも、8年も前に起きた事件の証拠を集めるのはあまりにも難しいと、佐田(香川照之さん)は依頼に後ろ向きであったが、深山と舞子(木村文乃さん)はすぐに動き出します。

早速接見に行くと、当時の警察が息子・亮平の存在を利用し、久世に揺さぶりをかけ、無理矢理自白させた事実を知る。その話を聞いた深山たちは、過去の裁判記録を元に捜査を続ける中ある矛盾に気付き、再審請求を行います……。

しかし、裁判官・川上(笑福亭鶴瓶さん)は深山たちに無理難題を押し付け、絶対に再審請求を通そうとしません。そこには、事件の背景、さらに川上の過去に関係する思惑が見え隠れしていました!

絶体絶命に追い込まれた深山たちは、当時事件が起きたアパートに出入りしていた、中原銀次(山本浩司さん)、海老沢晋(成河さん)、島津ヤエ(根岸季衣さん)の3人に話を聞きます。

すると深山は、過去の捜査で見落とされた決定的な事実に気付くのです。

果たして深山たちは、「開かずの扉」再審請求を通し、無実を証明することができるのでしょうか!?

日曜ドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』第9話は、3月18日(日)よる9時放送です。

Recommend
検索窓を閉じる