オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第10話あらすじ

火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」第10話あらすじ


出典:(c)TBS

星名の母親が倒れたと聞き、今日子は病院を訪れます。

そして衝撃の事実を知らされることに……。

さまざまな人間の思いが渦巻く最終回!

 

■第10話のあらすじ


出典:(c)TBS

星名(向井理さん)への依存を理由に吉崎(桐谷健太さん)に振られた今日子(吉岡里帆さん)でしたが、落ち込むことなく仕事に奮闘します。星名は帝光商事に戻され謹慎処分になり、それ以降、今日子のもとに連絡はありません。


出典:(c)TBS

そんな『ラプワール』に星名の母・郁美(岡江久美子さん)が倒れたという連絡が。姉・祥子(星野園美さん)によると、星名とは連絡がつかず、帝光商事にもつながる人間がいないといいます。

不安を感じた今日子は郁美が入院する病院を訪れ、郁美から星名の生い立ちを聞かされます。


出典:(c)TBS

一方、今日子と別れた吉崎はなぜか星名のマンションを訪れていました。吉崎は星名が今日子に依存していることを指摘し、解放して欲しいと頭を下げます。そして……。

火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』第10話は、3月20日(火)よる10時放送です。

Recommend
検索窓を閉じる