オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【手相占い】不器用さが愛される「人見知りな人」が持っている相

【手相占い】不器用さが愛される「人見知りな人」が持っている相

人見知りな人は、親しくなるまでにちょっと時間がかかってしまいますよね。それでも、一度仲良くなるとものすごくなついてくれて、そのギャップがたまらないという人もいます。あなたは、そんな人見知りでしょうか。

今回は、占い師で心理カウンセラーの筆者が、“人見知りな人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:感情線が上下に波打っている…初対面の相手には構えてしまう相

感情線に支線や乱れがなく、一本の線が曲がりくねっている相の持ち主は、人の気持ちを推し量ることはできるのですが、それを表現したり、自分の思いを伝えたりすることが苦手だと言えます。静かでおとなしい性格であることが多いのですが、コミュニケーションが不得意なので、誤解されたり冷たい印象を持たれてしまったりすることも。人と接する機会を増やし、笑顔の練習を心がけてみて。自信を持つことが一番です。

 

■2:運命線が「月丘」から出ている…人見知りで不器用さが愛される相

運命線が小指の下部にある“月丘”に伸びている手相は、周囲の人たちとの関係が上手くいっていて、援助や協力を受けられることを暗示するもの。たとえ人見知りだとしても、目上の人から引き立てられたり、可愛がられたりしてハッピーに過ごすことができるでしょう。この相の持ち主は、多くの人と接するように心がけてください。そして、あなた自身も人の役に立つように動くよう意識してみて。そうすることで、幸福が何倍にもなって返ってくるはずです。

 

■3:知能線が人差し指と中指の間で生命線と分かれる…器用ではないけれど気配りができる相

人差し指と中指の間から伸ばした線上、あるいは中指の下あたりの生命線上に起点があるのは、相手の気持ちを推し量り、気配りができる性格の持ち主。そのため、人見知りではありますが、異性からの人気はかなりのものでしょう。さらに、線に勢いがある場合は、機転が利き、物事を首尾よくこなせるテキパキしたタイプ。縁の下の力持ちとして、男性を裏からフォローするのが得意なので、パートナーから大切にされるはず。

 

■4:感情線から下向きに複数の線が出ている…好きな相手には必要以上に緊張する相

感情線から下向きに複数の線が出ている相の持ち主は、“恋に恋する”傾向があると言えます。特に片想いにのめり込む傾向が強く、もし彼と付き合ったらどうなるかなど、あれこれ妄想するでしょう。ただ、人見知りしやすいせいか実際の行動力は今ひとつで、いつも自己完結して終わってしまいがちかも。片想いを両想いにする努力をしないと、いつまでも振り向いてもらえないかもしれません。思い切ってアクションを起こすようにしてみて。

☆絵で見てわかる!手相占い

一説には、“人見知り”の性質は小さい頃につくられるとされ、自分にとって相手が“敵か味方か”を識別するために、人が生きる上で必要なシステムだと言われています。確かに、恋人が人見知りだと、見知らぬ人からの変な誘いなどについていくことが少ないかもしれません。自分だけを見てくれるのなら、人見知りも意外と悪くないのかも!?(脇田尚揮/ライター)

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる