オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 志尊淳に単独インタビュー!「共鳴する」山田裕貴との固い絆「0の頃から…

志尊淳に単独インタビュー!「共鳴する」山田裕貴との固い絆「0の頃から知っている仲間」

3月31日(土)、2005年から始まった史上最大級のファッションフェスタ『マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER(以下:TGC)』が横浜アリーナにて開催され、中条あやみさん、桐谷美玲さん、山田優さん、広瀬アリスさん、広瀬すずさんら、100名以上の豪華モデル勢が集結し、華やかにランウェイを闊歩。

中でも、志尊淳さんは『TGC SPECIAL COLLECTION 2』ステージのトリを飾り、拍手喝さい&黄色い声を一身に浴びていました。

NOSHでは、バックヤードにてステージ前の志尊さんに単独インタビューを実施。TGCのことはもちろん、ともにステージに立った山田裕貴さんのことなど、ノーカットでお届けします!

Q:今からランウェイを歩かれるんですよね。

志尊淳(以下、志尊):一番最後を歩かせていただくんですけど、緊張します(笑)。やっぱり慣れていないんですよね。役者をやっていると、こんなに華やかなステージに立つことはあまりないので、本当に緊張しますよ?

Q:出演作品の舞台挨拶とは全然違う感じですか?

志尊:そうですね。作品のときは、やっぱり役を背負って、とにかくたくさんの方に作品の魅力を伝えたい気持ちがあるので、また違います。ランウェイは何もしゃべらないですし、「歩きでの表現!」と言われても、「……」と(笑)。だから、少しでも、微力ながら盛り上げられればな、という気持ちでやります!

Q:今回、山田裕貴さんと同じステージですね。

志尊:裕貴くんとは同じ事務所ですし、7年くらい前から知っているので、気心も知れていて。最近は、もうお互い忙しくなって会える機会は少ないんですけど、……あ、でもこの間飲んだ。芝居じゃなく、TGCというステージでの共演は楽しいし、面白いし、不思議だなと思います。

Q:飲んだときは、どんなお話をされるんですか?

志尊:全部、仕事の話ですよ!作品の話だったり、お互いがどんな風になっていきたいかを共有したり。最初……もうゼロの頃から知っているので、裕貴くんだから話せることって、あるんですよ。だからこそ、お互いの作品を観た感想を言い合ったりできる、数少ない仲間ではあります。

Q:本音のお話ができる間柄なんですね。

志尊:そうですね!

Q:その昔、『先輩と彼女』でお話を聞かせていただいたときに……。

志尊:ああ、ありがとうございます。お世話になっています!

Q:いえいえ、お話を聞いていて志尊さんは「すごく昭和な男」という印象を受けて、山田さんもそうしたイメージがあり、どことなく共通しているのですが。

志尊:そう、そこで共鳴した部分はあります。役者さんにもいろいろなタイプがいらっしゃるので、お互いに言い合えたり、「面白いもの、持っているね」という共鳴ができることは、かなり大きいと思います。

Q:「お互い忙しくなって」というお話もあったように、例えば、作品が多く大変な面もあったりするのでは?

志尊:僕、今は仕事が一番なので、そこに対して苦にも感じないんです。切り替えをするのにも、作品が違うごとに役や現場の雰囲気も違うので、結構切り替えができるタイプで、「違ったもの」と捉えられるほうで。だから苦にはなっていないです。(取材・文:赤山恭子、写真:南方篤)

インタビューは後編に続きます!

☆後編はこちら

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる