オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「もう働きたくない」結婚したいのなら彼氏に言ってはいけないこと

「もう働きたくない」結婚したいのなら彼氏に言ってはいけないこと

付き合っている彼氏と結婚したいという気持ちがあるのであれば、言ってはいけない言葉があります。

彼氏が思わず逃げ出したくなるようなひと言を口にしてしまうと、結婚までたどり着くのも難しくなるでしょう。

そこで今回は、結婚したいのなら彼氏に言ってはいけないことを紹介します。

 

■「もう働きたくない」

仕事に疲れたときや仕事がうまくいっていないようなときは、仕事を辞めたいという気持ちになることもあるでしょう。でも、「もう働きたくない」とか「主婦になりたい」などと彼女に言われたら、彼氏にはプレッシャーになります。

養いたくないわけではなくても、結婚する前から“働きたくない宣言”をされてしまうと、やはりちょっと腰が引けてしまうかも。お互いに助け合っていくような姿勢が見られないと、結婚は考えにくくなってしまうはずですよ。

 

■「いつも仕事だよね」

男性にとっては、生きていくうえで仕事が何よりも大事なものなので、その仕事への理解がない女性とは結婚など考えることができません。むしろ、仕事をする自分のサポートをしてくれるような奥さんを欲しているものでしょう。

仕事が忙しくて会えない日が多くなってしまったときに、「いつも仕事だよね」とそれを責めるような女性とは、一生を共にはしたくないはず。「無理しすぎないでね」とさりげなく心配やフォローをしてくれるような女性こそ、男性が求める理想の奥さん像ですよ。

 

■「家事は苦手なんだよね」

結婚を考えるうえで、男性が女性に求める最も大きなポイントは、やはり家事ができるという点でしょう。料理が上手だったり、整理整頓がしっかりとできたりする女性だと、「いい奥さんになりそうだな」と自然に感じるものです。

「家事は苦手なんだよね」とか「家事は本当に嫌い」といったひと言は、一気に結婚を遠ざけてしまうはず。たとえ苦手であったとしても、諦めるのではなくそれを克服しようとする姿勢は見せないと、お嫁さん候補からは外されることになりますよ。

 

■「お金の使い方を間違えてるよ」

結婚をすると生活を共にすることになるので、お金はとても大事な問題になってきます。だからこそ、結婚を意識し始めると、彼氏のお金の使い方に思わず口出しをしてしまうかもしれません。

でも、「そんな使い方はよくないよ」とか「ちゃんと貯金もしなよ」などと口うるさく言われると、「結婚したら厳しく管理されそうだな」なんて彼氏は感じるはず。それではあなたとの結婚には尻込みしてしまうでしょうし、幸せな結婚生活もイメージできなくなるでしょう。

 

「この子と結婚したら大変そうだな」と彼氏に思われたら、結婚相手としては見てもらえなくなるでしょう。何気ないひと言でそういう印象を与えてしまうこともあるので、不用意な発言には注意するべきですよ。

【画像】

※ Artem Tymoshenko/Shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる