オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 桜田通、84歳大女優の軟体ぶりに焦る

桜田通、84歳大女優の軟体ぶりに焦る

貴公子俳優の桜田通さんが、超ベテラン女優の体の柔らかさに衝撃を受けました!

それは14日に都内で行われた映画『ばぁちゃんロード』の公開初日舞台挨拶でのこと。主演の文音さん、草笛光子さん、共演の三浦貴大さん、桜田通さん、鶴見辰吾さん、篠原哲雄監督が登壇しました。

海辺の静かな町を舞台に、幼馴染の大和(三浦さん)からプロポーズされた夏海(文音さん)が、施設で暮らす“ばぁちゃん”・キヨ(草笛さん)を元気づけるために、ある計画を立てます。それは、“キヨと一緒にバージンロードを歩く”ということでした。

歩くことを諦めたキヨを演じた草笛さんですが、実際は84歳とは思えぬ若々しさ。ゆえにリハビリ介護士役の桜田さんは「草笛さんの足をストレッチするシーンでは、草笛さんの体が柔らかすぎて、どこまで行くの?と思うくらい。“止まらない!どうしよう!監督!”と焦った」と衝撃を回想。

演じるうえでは「人の体を扱うので不安だったし、ケガをさせてしまったら嫌だと思っていた」と言うも「だから逆に、ものすごく安心して演じることができました。キヨ役が草笛さんで本当に良かった」とベテラン女優の軟体ぶりに感謝感激の表情でした。

また、主演の文音さんは、女優・志穂美悦子さんと歌手・長渕剛さんの娘。一方、三浦さんも山口百恵さんと俳優・三浦友和さんの息子。リアルに2人が結婚したら、まさにビッグカップルですが……。文音さんが「撮影が終わった後にそれに気づいて、“うちらが結婚したらご両家の顔合わせはめっちゃ豪華だね“と言った」と振り返ると、三浦さんも「それは大騒ぎですよ。顔合わせの場には行きたくない。欠席するわ!」と苦笑いでした。

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる