オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 竹内涼真、ブラックな一面明かす「年下に対して強気でいきたがる」

竹内涼真、ブラックな一面明かす「年下に対して強気でいきたがる」

4月16日(月)、日曜劇場『ブラックペアン』プレミアム試写会&舞台挨拶が丸ビルホールにて行われ、出演する二宮和也さん、竹内涼真さんらが登壇しました。

『ブラックペアン』は二宮さんによる日曜劇場、初主演ドラマです。

初の外科医役で、“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローをクールに演じています。

一方、竹内さんは研修医1年目のまっすぐな熱い男の役。

重厚な仕上がりを見せる医療ドラマとあって、撮影もとってもハードとのこと。

登壇した加藤浩次さんは「手術シーンに10時間くらいかかっているんでしょ?それを5分とかに短くしてて」と言うと、竹内さんは「そう、ショックですよね?」と二宮さんに振り、二宮さんも「ショックだよね。見るほうとしては、見方が難しいドラマですよ」と苦労を明かします。

作品名にかけて「自分でブラックだな、悪魔だなと思うとき」を聞かれたキャスト陣。

竹内さんは「自分より年下に対して強気でいきたがること(笑)」とぶっちゃけると、二宮さんは「そうなんです、ここ!すごいんですよ!」と竹内さんより年下の葵わかなさんを指します。

竹内さんは「皆、(共演者が)先輩だから年下に当たりたくなるじゃないですか(笑)。でも(葵さんは)返してくれるんで、唯一そこですかね。なんか自分の妹と似ていて、どうしても強くいきたいんですよね~」と葵さんをかわいらしくいじり、最終的に「よろしくな!」と、やや強めに葵さんをこづいていました。

仲良しな皆さん、撮影時間の息抜きにワイワイと盛り上がることも多いといいます。

小泉孝太郎さんは、「僕、二宮くん、竹内くんの三人で朝型までの撮影が多かったので、“今、何食べたい?”とかの話をして」と言うと、「そう。孝太郎くんが前から難しい顔をして歩いてきて“カップラーメン、何が好き?”って(笑)」とエピソードを明かせば、小泉さんが「緊張感のある現場だと、そういうのがいいですよね」と語ります。

竹内さんも「夜中の撮影だと、そういう小さい話ですけど盛り上がるんですよね。ずっとしゃべっていますよね(笑)」とニコニコと微笑んでいました。

日曜劇場「ブラックペアン」は4月22日より毎週日曜日21時からTBSにて放送、初回25分拡大スペシャルです!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる