オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 佐野岳、スパイダーマンに宙返りライバル直談判

佐野岳、スパイダーマンに宙返りライバル直談判

『アベンジャーズ』大好き俳優・佐野岳さんが、スパイダーマンに直談判しました。

それは16日に都内で行われた映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)のスペシャル・ファンミーティングでのこと。

スパイダーマン役のトム・ホランドさん、アンソニー・ルッソ監督が来日し、日本人ゲストとしてファルコン役の日本語吹き替え版声優の溝端淳平さん、そして本作のファンである佐野岳さんが参加しました。

トムさんを前に大興奮の佐野さんは、挨拶も早々にいきなりの宙返りを披露。トムさんから「グッド!」とお墨付きを得ると、佐野さんは「もし日本でスパイダーマンのライバルとなる“忍者サムライ”というのがいたらどうしますか?」と質問。

それにトムさんが「グレートアイディア!」と膝を打つと、すかさず「その際は僕をよろしくお願いします!」と出演を直訴しました。

佐野さんからの本気のお願いに、トムさんが「それは僕ではなくて監督にお願いした方が……」と引く一方で、アンソニー監督からは「このシリーズの素晴らしいところは“何でもアリ”というところ。だからどんどん世界観が広がっていく中で、その可能性はあるだろうね」との前向き返答がありました。“ガク・サノの”誕生も遠くない!?

アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrさんとの共演にトムさんは「ロバートは自分のエゴがなくて、仕事熱心な真のプロです。才能にも溢れていてアドリブも凄い。撮影現場ではそんな彼のアドリブをきちんと返さないといけないので、ボーっとする暇さえありませんでした」と紹介。

またトムさんは、好きなヒーローについて聞かれると「スパイダーマンがやはり好きだね」と自身が演じたヒーローをベストに挙げて「彼は自分がスパイダーマンだという事を秘密にしている。自分だったらあんなに凄い力を持っていたら、すぐにインスタに発表しちゃうよ。でもそれを秘密にして、大切な人や弱者にのみ能力を使う。そういった部分でも最高のキャラクターだよね」と理由を説明してくれました。

Recommend
検索窓を閉じる